映画ナタリー

映画の歴史が息づく京都に「おもちゃ映画ミュージアム」オープン

112

おもちゃ映画ミュージアム館内の様子。

おもちゃ映画ミュージアム館内の様子。

古い映写機やフィルムを展示する、おもちゃ映画ミュージアムが昨日5月18日、京都・京都市中京区に誕生した。

デジタル撮影が主流となり、フィルムの出番が減りつつある昨今。そんな中、改めてより多くの人に映画の歴史や味わい深さを知ってもらおうと大阪芸術大学教授の太田米男氏が仲間に声をかけ、ミュージアムの開館に至った。

京都市内の町屋を改修した館内には、映画の原理を楽しみながら学べる展示が盛りだくさん。数十秒程度の映像が収められた玩具フィルムやブリキの玩具映写機をはじめ、回転する絵の残像現象を映し出す動画装置、マジックランタンと呼ばれる幻灯機など明治時代から昭和初期までの映画にまつわる貴重な遺産が多数公開されている。

開館の記念として、映画監督の大森一樹による「京都と映画」と題された講演会の開催も決定。京都で医大に通いながら映画制作を行っていたという大森が、学生時代の話を交えながら京都に根付く映画文化を語る。

ミュージアムでは今後、ワークショップや上映会なども企画される予定。大人も子供も関係なく映画の歴史を堪能できる新たな名所に、地元の人はもちろん、これから京都を訪れる人も足を運んでみては。

おもちゃ映画ミュージアム

京都府 京都市中京区
開館時間 10:30~17:00 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
入場料:大人・高校生 500円 / 中学生 300円
※中学生以上の来場者には、入館記念グッズを進呈
※小学生以下無料

開館記念講演会「大森一樹監督~京都と映画」

2015年5月23日(土)15:00~ 京都府 おもちゃ映画ミュージアム
料金:無料(ただしミュージアム入場料が必要)
※定員50名(先着順)

映画ナタリーをフォロー