コミックナタリー

水木しげると「霊媒先生」松本ひで吉が妖怪体験を語り合う

65

本日6月4日に発売された月刊少年ライバル7月号(講談社)の巻頭カラーページには、「ほんとにあった!霊媒先生」の松本ひで吉水木しげるの対談が掲載されている。

この対談は水木作品を網羅する、「水木しげる 漫画大全集」第1期33巻の刊行開始を記念したもの。対談はフキダシ入りのインタビュー写真が続くマンガ形式で進行し、鳥取・境港で年に1度行われる「妖怪検定」で中級を獲得したという松本が、自身の妖怪体験などを交えて水木の話を聞き出していく。なお7月4日発売の「ほんとにあった!霊媒先生」15巻には、水木との対談記事と描き下ろしマンガが収録される。

このほか今号では笠原巴の新連載「たけだけだけ―武田系限定―」がスタートした。武田信玄と同一のDNAを保有するという理由で、武士を育てる学園への入学が決定した少年の波乱に満ちた学園生活が描かれる。生徒として登場する、さまざまな武将の名を継ぐ美少女たちの活躍が見どころだ。

コミックナタリーをフォロー