コミックナタリー

ルフィたちの2年後は…「ONE PIECE」次号より連載再開

185

10月4日に発売される週刊少年ジャンプ44号(集英社)にて、尾田栄一郎「ONE PIECE」の連載が再開する。

「ONE PIECE」は週刊少年ジャンプ39号に掲載された第597話で、第1話から続いた「サバイバルの海 超新星(ルーキー)編」が終了。のち、同誌40号より4週にわたって休載しており、44号より「最後の海 新世界編」がスタートする。主人公ルフィが義兄エースを失った頂上戦争から2年後、離ればなれになった「麦わらの一味」が再集結し、“新世界”へ旅立つ冒険が描かれる予定だ。

なお本日9月27日に発売された週刊少年ジャンプ43号には、尾田の直筆コメントが掲載されているほか、次号からスタートする「最後の海 新世界編」のネームが一部公開されている。ファンはこのネームを見つつ、連載再開を楽しみに待っていよう。

尾田栄一郎コメント

お陰様でゆっくり体を休める事ができました。幸せな時間をありがとうございました。ガソリン満タンです。新世界編はいよいよONE PIECEという物語のラストに向かってゆくお話です。冒険の島々の事を考えていると、まるで新連載を始めるかの様に、今、僕はわくわくしています。最後の海“新世界”の冒険をお楽しみに。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】