コミックナタリー

夏コミ参加のマンガ系企業ブース「がっつり」調査リスト

13

8月13日から15日にかけて開催されるコミックマーケット78には、サークル参加のほか、出版社やメーカー、雑誌編集部なども企業ブースとして出展する。コミックナタリーでは参加マンガ家に引き続き、企業ブースの出展情報も調査してみた。

まずヤングキングアワーズ(少年画報社)のブースでは、10月よりTVアニメ化が決定している石黒正数「それでも町は廻っている」のスペシャル小冊子「それでも町は廻っている~丸子町商店街2010夏祭特大号~」を販売。

同書にはあらゐけいいちや内藤泰弘、雷句誠といった豪華執筆陣による「それ町」のイラストやマンガを収録しているほか、石黒のカラーイラストギャラリーや単行本未収録の「それ町」マンガ20ページを収録している。また表紙は石黒による描き下ろし、裏表紙は石黒の大学時代の友人である中村佑介が手がけた。

ほかにも同ブースでは「それ町」の「喫茶シーサイド特製メイドカレー」や、作中に登場する喫茶シーサイドのマグカップ&ソーサーを再現して販売。また「それ町」に加え、平野耕太「ドリフターズ」のTシャツも。

月刊サンデーGX(小学館)の企業ブースでは、今年も広江礼威「ブラック・ラグーン」のグッズが充実。クリアポスター2種や、レヴィの水着フィギュア、パスケース、iPhoneカバー、SIGGボトル、シルバーアクセなどが多数のアイテムが用意されている。

8月15日には犬上すくねのサイン会も開催。サイン会参加整理券は、8月15日に同ブースにて販売される「あいカギ」図書カード&ポケットファイルセットを購入した先着30人に配布される。ほかにも「ブラック・ラグーン」「神様ドォルズ」「ヨルムンガンド」「正義警官モンジュ」「釣りチチ・渚」のタオルリストバンド販売や、特製うちわの無料配布も行われる。

また恒例のサイン本販売のラインナップには、島本和彦、楠桂、陽気婢、花見沢Q太郎、榎本ナリコ、真島悦也、金月龍之介、高橋慶太郎、松山せいじ、イダタツヒコ、大島永遠、犬上すくね、佐藤まさき、宮下裕樹、やまむらはじめを予定。

一迅社の企業ブースでは8月15日、「ニコニコ生放送」を使ってトークライブを敢行。第1部は竜騎士07をゲストに迎えた「キャラ☆メル Febriクリエイタートーク出張版withアサミンゴス」、第2部は水月とーこらを迎えた「REX編集企画会議(仮)」、そして第3部では、「わぁい!」の土方編集長が女装男子について語る「『わぁい!』編集長:オトコの娘を語ろう。」が放送される。トークライブに参加するための整理券は、15日に同ブースで商品を購入した先着50人に配布される。

ほかにも月刊コミックブレイド(マッグガーデン)のブースでは、ブレイド連載陣が描き下ろすおなじみの小冊子「コミックブレイド 海賊本」を販売。表紙は東まゆみが担当した。また小冊子には天野こずえ「あまんちゅ!」のコットンバッグが付する。ほかにも「あまんちゅ!」の扇子や大沖「ひらめきはつめちゃん」のiPhoneケース、新作のトートバッグなどのグッズも充実。詳細は各出版社の公式サイトを確認してほしい。

企業ブース

【225】MANTAN(毎日新聞デジタル)
【231】コミックとらのあな
【232】まんがタイムきらら
【254】メディアファクトリー
【311】GA文庫・ゲーマガ
【331】一迅社
【333】ヤングキングOURS(少年画報社)
【334】コミックブレイド
【335】エンターブレイン
【336】月刊サンデーGX
【411】メロンブックス/リブレット
【412】K-BOOKS
【943】アソマナビ

コミックナタリーをフォロー

  • コミックナタリー大賞