コミックナタリー

HなOLの4コマ描く真城ひな、相席スタートとカップ数など赤裸々トーク

117

左から山崎ケイ、真城ひな、山添寛。

左から山崎ケイ、真城ひな、山添寛。

「まいっちゃうわマチコさん!」の真城ひなが、去る3月10日に東京・ヨシモト∞ホールにて開催された、お笑いコンビ・相席スタートのトークライブ「相席ナイトクラブ」にゲスト出演した。

常にHなことを考えているアラサーOLのマチコを描く4コマ「まいっちゃうわマチコさん!」の単行本帯に、相席スタートの山添寛と山崎ケイがコメントを寄せていたこともあり、この日のトークライブに登壇した真城。イベントでは相席スタートのコントやフリートークが行われたのち、2人が「まいっちゃうわマチコさん!」のお気に入りの話を紹介するコーナーに。

山崎は浮気がバレてしまった後輩のリナにマチコが「それぞれに『あなたのほうが大きかった』って言っておけ」とアドバイスする1本、山添は「優しいだけの男」についてマチコとリナが「大胆なことができないのを優しさとごまかすな」と辛辣な意見を述べるエピソードを挙げる。そして山崎が「こんなことを描きそうな外見じゃないんですけどね」とコメントしながら、真城がステージへと呼び込まれた。

りぼん(集英社)でデビューを果たした真城が、現在は下ネタがふんだんに盛り込まれた「まいっちゃうわマチコさん!」を描いていることについて、相席スタートの2人がツッコミを入れると、真城は「小学生向けは規制が多くて、自分を出せないというか……(笑)」と作家としての方向性を転換した理由を明かす。またこの日の真城の服装について、山崎が「合コンの正解服」と評しながら、「胸見た?」と観客に呼びかけると、真城は「7番目(Gカップ)の女です」と胸のカップ数を説明する。これを受け相席スタートの2人は「5番目のEカップまではパッと分かるんですけど、7番目って数えていかないと何カップかわからない」と驚きの様子。また好きなタイプを問われ真城が「誰でもいいです」と語りながらも、「最近は高橋一生さんが……」と呟くと、山崎は「高橋一生と星野源は好きだとしても、好きって言ったら負けだと思う。好きなタイプを合コンで聞かれたら、大泉洋みたいに、みんなが『がんばればなれるかも』って思える人を言わなきゃ。誰でも大泉洋の中に自分に似ている要素を、少しなら見つけられるでしょ」と持論を展開した。

その後事前に寄せられた相談に、真城と山崎が答えることに。「付き合って性格が変わってしまう男の見抜き方を教えてほしい」「もうすぐ20歳になるがいまだに処女です」「結婚して30年、妻に性的な魅力を感じなくなった」といった相談に、2人は性にまつわる実体験も盛り込みながら回答。最後に真城は「『寝る前の癒やしになるマンガ』とよく言っていただけるので、寝る前のお供として読んでみてください」とコメントした。「まいっちゃうわマチコさん!」はマーガレットBOOKストア!内のマーガレットchannelや、となりのヤングジャンプにて連載されている。

コミックナタリーをフォロー