コミックナタリー

プロ野球12球団全てのFCに入る“プロ観戦者”の球場メシは?「球場三食」1巻

150

「ワイルドリーガー」「神様がくれた背番号」などで知られる渡辺保裕の「球場三食」1巻が、本日2月23日に発売された。

「球場三食」の主人公は、プロ野球12球団のファンクラブに入り全国の野球場を巡る、言うなればプロの野球観戦者・日下。野球観戦日は3食全てを場内で済ませるなど、自分だけの公認野球規則を持つ日下が、マニアックな球場メシの楽しみ方を指南していく。1巻では神宮球場、西武ドーム、マツダスタジアム、東京ドーム、そしてありし日の藤井寺球場を紹介。また登場した球場のデータや、描き下ろしコラム、作者インタビューも収録された。同作は月刊アフタヌーン(講談社)にて連載中。

コミックナタリーをフォロー