コミックナタリー

高瀬理恵が乱ツインズで池波正太郎の短編「雨の杖つき坂」をマンガ化

41

「雨の杖つき坂」の見開き扉ページ。

「雨の杖つき坂」の見開き扉ページ。

本日2月13日に発売されたコミック乱ツインズ3月号(リイド社)には、池波正太郎の原作を高瀬理恵が描く読み切り「雨の杖つき坂」が掲載されている。

「雨の杖つき坂」は、縄張り争いを巡っての暗殺騒動を巻き起こした2人の男を軸に描く時代劇。暗殺に失敗したことで行方をくらまし、今ではうどん屋を営む男たちのもとに、彼らを始末せんと追手がやって来たことから物語は動き出す。

本作は池波の短編をさまざまな作家がマンガ化する、「池波正太郎 時代劇スペシャル」の一環として執筆されたもの。なお3月12日発売の同誌4月号にはその第12弾として、さだやす圭が作画を務めた「決闘高田の馬場」が収められる。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】