コミックナタリー

映画「DEATH NOTE」続編が2016年に、6冊のノートをめぐる新たな戦い

3461

大場つぐみ小畑健原作による映画「DEATH NOTE」シリーズの続編「デスノート 2016(仮)」の製作が決定した。監督は「GANTZ」「図書館戦争」シリーズの佐藤信介が務める。

2016年に映画化から10周年を迎える「DEATH NOTE」。映画の公式サイトではTVドラマ版最終話の放送に合わせ、本日9月13日22時30分を終了時刻とした謎のカウントダウンも行われていた。

「デスノート 2016(仮)」の舞台は、世界的なサイバーテロが頻発する2016年。原作で明言されていた「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで」という“6冊ルール”に則り、夜神月とLの意志を受け継ぐキャラクターたちが、デスノートを巡って新たな戦いを繰り広げる。なお併せて公開された特別映像には、「夜神月、復活」「Lの後継者」「弥海砂」「死神の目」「ノートの封印」といったキーワードも登場している。

「DEATH NOTE」は、名前が書かれた人間を死に至らしめるデスノートで犯罪者を粛清する主人公・夜神月と、Lをはじめとする探偵たちの頭脳戦を描くサスペンス。これまでにアニメ、TVドラマ、映画、ミュージカルなどさまざまなメディアミックスが行われ、2006年公開の映画版では月役を藤原竜也、L役を松山ケンイチが務めていた。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【ナタリーストア】