DEATH NOTE デスノートthe Last name

デスノートザラストネーム

上映時間:140分 / 製作:2006年(日本) / 配給:松竹=日活=バップ=ホリプロ=KDE-J=集英社=読売テレビ

解説 名前が記された人間を死に至らしめる“デスノート“をめぐる知能戦を描いて、世界中で人気を博したコミックの映画化第2弾。第2、第3の“デスノート“が登場し、原作とはまったく違う結末へと向かって突き進む。映画版に用意されたもうひとつのラストシーンにも注目だ。名前を書いた人間を死に至らしめることができる“デスノート“を手に、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月。キラ事件の捜査本部に入り込んだ彼は、ついに天才“L“と対峙する……。Lに扮した松山ケンイチの、原作からそのまま抜け出したかと思わせるほどのナリキリっぷりは必見!

情報提供:ぴあ