コミックナタリー

竹宮惠子に紫綬褒章「思ってもいなかった」

770

「風と木の詩」「地球へ…」などで知られる竹宮惠子が、2014年秋の紫綬褒章の受章者に選ばれた。

竹宮が学長を務める京都精華大学の公式サイトでは、発令日となる本日11月3日付けで竹宮のコメントを発表。コメントで竹宮は「最近は作品を描く時間が取れないので、受章の対象になるとは思ってもいませんでした」と述べ、「いつまでも時代を超えて忘れられない内容を伝えることができれば」と今後の活動への意気込みを語った。また自らの携わるマンガ教育についても「評価していただけたように思えて、とてもうれしい」と喜びを語っている。

紫綬褒章は学術・芸術・技術開発などの分野で功労があった者に授与される褒章。過去にマンガ家では赤塚不二夫、西岸良平、ちばてつや、松本零士、水木しげる、長谷川町子、萩尾望都、しりあがり寿らが選ばれてきた。2014年秋の紫綬褒章は、ミュージシャンの桑田佳祐をはじめとする14名に贈られる。

竹宮惠子コメント

受章の知らせを聞いて、非常に驚きました。最近は作品を描く時間が取れないので、受章の対象になるとは思ってもいませんでした。
マンガは私にとって、道を開き、新しいことを教えてくれる窓でした。自分自身も読者にとって意味を持つ作品を描き、いつまでも時代を超えて忘れられない内容を伝えることができればと願っています。

また、マンガに対する敬意から、可能ならば大学の中にも根づいてほしいと考え、手探りの中マンガ教育を続けてきました。そのことも評価していただけたように思えて、とてもうれしいです。
いまやマンガは世界に通じる“ことば”となり、京都精華大学にもさまざまな国から留学生が訪れます。世界中にマンガの種が蒔かれ、育って、その国なりのマンガの描き方が生まれ、新しいコミュニケーションが築かれるのを、今もこれからも期待しています。

コミックナタリーをフォロー