コミックナタリー

「グレンラガン」スタッフの新作「キルラキル」をマンガ化

146

アニメ「天元突破グレンラガン」のスタッフが新たに手がけるTVアニメ「キルラキル」のコミカライズ版が、本日10月4日発売のヤングエース11月号(角川書店)にてスタートした。TRIGGER・中島かずき原作のもと、あきづきりょうがマンガ化する。

「キルラキル」は、特殊能力を備えた「極制服」を装着する少年少女たちのバトルアクション。生徒会が武力で支配する本能字学園と周辺の町を舞台に、ある人物を捜す主人公・纏流子の戦いが描かれる。今号は一挙に2話掲載、計121ページの大ボリュームだ。

また今号の付録は海洋堂製作による、「エヴァンゲリオン」シリーズに登場する綾波レイのフィギュア。11月2日発売のヤングエース12月号には、アスカのフィギュアが付属する。また12月号からは、金城一紀原作による小手川ゆあの新連載「BORDER」が始まる。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】