音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

=LOVE野口衣織はちょいヤンキー? カミナリまなぶへの容赦ないツッコミにメンバー悲鳴

95

竹内まなぶ(左)にツッコミを入れる野口衣織(右)。

竹内まなぶ(左)にツッコミを入れる野口衣織(右)。

=LOVEが本日4月23日に東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOにて、明日4月24日リリースのニューシングル「探せ ダイヤモンドリリー」の発売記念イベントを開催した。

イベントには=LOVEのメンバーに加え、お笑いコンビのカミナリが出演。「探せ ダイヤモンドリリー」のイメージを川柳で披露したほか、カミナリの竹内まなぶが同じ茨城出身のメンバーを当てる“利きツッコミ”に挑戦した。まずはカミナリの石田たくみが川柳で「探せ ダイヤモンドリリー」の魅力を紹介しようとするも、「彼女たち、とても五七五じゃ語れないな! 魅力が詰まってるんだもん!」と断念する。続いてまなぶが意気揚々と「ただの石ころ 上京し磨き、ダイヤモンドだ」と詠み上げるも、5・7・5の定型を無視した型破りな一句にたくみは容赦なくツッコミを入れた。

しかし「ツッコミがまだ足りない」と、まなぶは“利きツッコミ”をする流れに。まなぶにツッコミを入れる役に選ばれたのは、カミナリと同じ茨城出身である野口衣織を含む5人。通常の“利きツッコミ”では目隠しをしたまなぶが相方たくみのツッコミを当てているが、この日はまなぶが同郷である野口のツッコミを当てることになった。

佐々木舞香が先陣を切る形で、齋藤樹愛羅、山本杏奈、野口、高松瞳が順番にまなぶの後頭部にツッコミを入れる。そのたびにパシーンと痛快な音が会場に響き、ほかのメンバーからは「痛そう!」と悲鳴が上がっていた。たくみが締めにプロのツッコミを入れたのち、まなぶは「茨城出身の人は最後の方!」と意気揚々と回答。しかしたくみに「=LOVEの中で茨城出身の人を当てるの!」と言われ、今度は「茨城出身の子は少しヤンキーの血が流れてるんです。その中で一番強かった人!」と野口が茨城出身であることを言い当て=LOVEのメンバーを驚かせた。その後、=LOVEの12人は「探せ ダイヤモンドリリー」のパフォーマンスへ。メンバーはそれぞれのソロパートをしっかり聴かせながら新曲を歌い上げた。

カミナリを交えての囲み取材では、高松が「新曲は佐々木舞香のソロパートが苦しいくらい好き!」と熱弁し、齊藤なぎさが「(プロデューサーの指原莉乃が書いた)歌詞の1つひとつが染みるんです」と新曲に対する思いをトーク。また、まなぶの頭の叩き心地について、野口が「すごく硬かったです」とコメントする一幕も。するとたくみは「みんないい音だったから、逆にプレッシャーを感じて、いつもより強く叩いちゃいました」と続けた。最後に高松が間もなくHKT48を卒業する指原への感謝の思いを述べ、「指原さんの期待に応えていかなきゃと思います」と力強く口にした。

※高松瞳の「高」ははしご高が正式表記。

※記事初出時より一部表現を変更しました。

音楽ナタリーをフォロー