阪元裕吾×ミスマガ「最強殺し屋伝説国岡」スピンオフは8月公開、ビジュアル解禁

4

215

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 57 129
  • 29 シェア

「ベイビーわるきゅーれ」で知られる阪元裕吾が監督を務めた「最強殺し屋伝説国岡[完全版]」のスピンオフの正式タイトルが明らかに。「グリーンバレット」として8月26日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

「グリーンバレット」ティザービジュアル

「グリーンバレット」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

左から内藤花恋、大島璃乃、天野きき、和泉芳怜、山岡雅弥、辻優衣。 (c)KODANSHA

左から内藤花恋、大島璃乃、天野きき、和泉芳怜、山岡雅弥、辻優衣。 (c)KODANSHA[拡大]

「最強殺し屋伝説国岡[完全版]」は、若い凄腕の殺し屋たちの日常に密着したモキュメンタリー作品。ミスマガジン2021受賞者の6人が主演を務める「グリーンバレット」では、6人の女の子がプロの殺し屋を目指し、訓練合宿に参加する姿が描かれる。国岡を演じる伊能昌幸のほか、ミスマガジン2021でグランプリに輝いた和泉芳怜、ミスヤングマガジンの山岡雅弥、ミス週刊少年マガジンの天野きき、読者特別賞の辻優衣、審査員特別賞の大島璃乃内藤花恋が出演するのは既報の通りだ。

「最後の晩餐」をモチーフにしたティザービジュアルには、伊能とミスマガジン6名を含むキャストが集結。ピンクのジャージに身を包んだ板尾創路、左端からテーブル全体を見下ろす碕理人、板尾の背後で周囲を伺う松本卓也、右端でビデオカメラを高らかに構える大坂健太、そしてカメラ片手に落ち着いた様子で伊能を見守る阪元の姿も捉えられた。

※辻優衣の辻はしんにょうの点1つが正式表記

この記事の画像(全5件)

(c)2022「グリーンバレット」製作委員会

読者の反応

  • 4

アオキモトアキ/映画宣伝プロデューサー、他。 @aoaoblue

「おい!国岡。」 私の好きな言葉です。 https://t.co/NGLCFCE0HP

コメントを読む(4件)

関連記事

阪元裕吾のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 最強殺し屋伝説国岡[完全版] / グリーンバレット / 阪元裕吾 / 和泉芳怜 / 山岡雅弥 / 天野きき / 辻優衣 / 大島璃乃 / 内藤花恋 / 伊能昌幸 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。