ドラマ「恋マジ」で広瀬アリスの魅力爆発、優しく危険な男・松村北斗は女子を狂わす

5691

広瀬アリスが主演を務め、松村北斗SixTONES)が共演する連続ドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」が、4月期にカンテレ・フジテレビ系で放送される。

左から長峰柊磨役の松村北斗、桜沢純役の広瀬アリス。

左から長峰柊磨役の松村北斗、桜沢純役の広瀬アリス。

大きなサイズで見る(全2件)

本作の主人公は、仕事やプライベートが充実していて人生のビジョンもはっきりしているため、「恋愛なんて不確かなもので心と時間を無駄にしたくない」と考える恋愛経験ゼロの女性・桜沢純。彼女をはじめとする6人の男女が、人生最大の本気の恋に落ちる姿が描かれる。

広瀬が演じる純は、洋食器メーカー「相良製陶」で働く27歳のデザイナー。若くしてチーフを任される優秀な女性で、私生活ではファッションや食べ歩き、親友との女子会を楽しんでいる。「恋なんていらない」という彼女の頑ななスタンスには、ある理由が隠されているそう。

そして松村は、フレンチビストロ「サリュー」のギャルソン兼見習い料理人で、女子を虜にして狂わせる危険な男・長峰柊磨に扮する。女子が欲しがる優しい言葉や笑顔を返す感覚は天才的だが、恋愛は刹那主義で本気にならないクールなキャラクターだ。劇中では、柊磨が純に興味を抱いてアプローチしたのをきっかけに2人の恋が動き始める。

広瀬は「がっつりしたラブストーリーはあまり経験がなくて…思わず現場で照れ笑いしてしまいました」と、松村は「広瀬さん演じる桜沢純や監督と話しながら、会話の仕方や受け答えを探りながら演じています」とコメントした。プロデューサーの米田孝は「“新しい広瀬アリス”の魅力が爆発しています!」「松村北斗さんが、優しくて、危険で、ミステリアスで、とにかくカッコいい! 記憶に新しい朝ドラの“稔さん”ともまた違った魅力がダダ漏れ」と2人について語っている。

なお劇中には、純と柊磨のほかに安定志向早婚レス妻・清宮響子、サリューで働くミステリアスなシェフ・岩橋要、愛され中毒のパパ活女子・真山アリサ、不思議系陰キャ男子・内村克己が登場する。キャストは追って解禁される。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」は、毎週月曜22時よりオンエア。脚本は「ラブジェネレーション」「彼女がその名を知らない鳥たち」の浅野妙子、演出は「ホットママ」の宮脇亮と北川瞳が手がけた。

広瀬アリス コメント

ドラマのオファーを頂いたとき、正直、“マジか~!”と思いました。これまでさまざまな作品に出させていただいたんですが、この作品のようにがっつりしたラブストーリーはあまり経験がなくて…思わず現場で照れ笑いしてしまいました(笑)。私が演じる桜沢純は、恋愛経験がゼロなのに「もう恋愛なんて別に私の人生にはいらないの」って言っているような恋愛をこじらせた女性。でも、仕事はちゃんとやっていて充実しているし、後輩もいるし、上司からは信頼されている。でも、友達と会っているプライベートの時は、弱さも出しながらスイッチを切り替えている実はどこにでもいそうな女性。思ったことをうまく表現できず素直になれない。そんな不器用な部分は私自身、純に似ているなと感じました。
共演する松村さんは、以前、学園ドラマで共演して9年ぶりくらいになりますが、テレビで見ているときはキラキラしたイメージですが、すごく落ち着いていて柊磨にぴったり。台本で読んでいた時の柊磨は、ミステリアスでちょっと無機質という印象もありましたが、松村さんがそれに息を吹き込むことによってすごく人間らしくて、もちろんかっこよくて、ミステリアスがより一層増して、とても魅力的だなと思いました。
3組の男女の恋愛を軸にラブストーリーが展開されていきます。その微妙な変化、人間の変化、恋愛心の変化っていうのも見ていただきたいですし、友達との距離感っていうのも、「あ、こんなことで!」とか「こういうことで仲良くなれるんだ!」とか「こういうときに支え合うんだ!」とか、そういうことも改めて考えさせられるのではと思います。
あとは個性豊かなキャラクターが本当にたくさん出てきて、ドラマ自体もスピーディーに進んでいくので、ずっと楽しめるドラマだと思います。

松村北斗 コメント

広瀬さんとは初共演から約9年ぶりで、当時一緒のシーンが多かったので結構しゃべっていたんですが、このドラマに入るときは久しぶりだから僕自身もギア入れなきゃと思って、初日から広瀬さんと積極的に話しました。僕自身、撮影現場では広瀬さんにリードしてもらってばかりですが、広瀬さんもゆだねているって話されていたので、互いに支えあって撮影が進んでいる感じです。
僕が演じる柊磨はギャルソンで接客業でもあるので、広瀬さん演じる桜沢純や監督と話しながら、会話の仕方や受け答えを探りながら演じています。台本での純は、こうかな?と予想した逆をいく女性。柊磨からすれば自分の想像の中に収まらない不思議な相手。柊磨は人を翻弄している方が楽で、翻弄されることから逃げているはずなのに、不思議な存在の純が気になってしまう。“難アリ”な純を広瀬さんが演じることですごく個性的で魅力的になっています。
登場人物全員が全く被らない個性を持ちつつ、何か同じ悩みというか、そういう共感性を持ち合わせた6人が集まったり、それぞれに恋愛をしたりとかすごく個性豊かな物語になっていると思いますので、ぜひ、楽しんで見ていただければと思います。 

米田孝(プロデューサー)コメント

このドラマ、広瀬アリスさんがとにかく新鮮です。ご本人がおっしゃる通り、意外にこういう“がっつりラブストーリー”の経験がそんなに多くない彼女が、現場で照れながら、しかし研究熱心に、一つ一つの心の動きを丁寧に演じる姿は、“新しい広瀬アリス”の魅力が爆発しています!是非、彼女が演じる不器用でこじらせまくった桜沢純を応援してあげて下さい。そして恋のお相手となる松村北斗さんが、優しくて、危険で、ミステリアスで、とにかくカッコいい! 記憶に新しい朝ドラの“稔さん”ともまた違った魅力がダダ漏れ。男女問わずみんなが好きになってしまう長峰柊磨の魅力を、是非体感して下さい。
無意識のうちに人と向き合うことを避け、恋から逃げてきた6人の男女が、いつの間にか恋に落ちて“心の距離ゼロ”でぶつかり合う本気のラブストーリーをお届けします。あと4人、物語の中心となる豪華出演者陣は近日発表! そちらもお楽しみに!

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

広瀬アリスのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 広瀬アリス / 松村北斗 / SixTONES / 宮脇亮 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。