ムロツヨシがUSJで「ボス・ベイビー」新作をアピール「超元気になって」

216

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」の公開記念イベントが本日12月6日に大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で開催され、日本語吹替キャストのムロツヨシ多部未華子が登壇した。

左からムロツヨシ、ボス・ベイビー。

左からムロツヨシ、ボス・ベイビー。

大きなサイズで見る(全5件)

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」ポスタービジュアル

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」ポスタービジュアル[拡大]

前作「ボス・ベイビー」の25年後を舞台に、大人になった“ボス・ベイビー”ことテッドと兄ティムが世界征服をたくらむ悪の天才博士に立ち向かう本作。ムロがボス・ベイビー役を続投し、多部は“ボス・レディ”としてテッドたちのもとへ派遣されるティムの次女ティナに声を当てた。

左からボス・ベイビー、多部未華子。

左からボス・ベイビー、多部未華子。[拡大]

ムロは映画を「『ファミリー・ミッション』というタイトルの通り、少し疎遠になって距離ができている家族・兄弟がひとつになっていく物語です。ボス・ベイビーがとっても奮闘しています」とアピール。本作から参加した多部はボス・レディを「かわいくてしっかりした今どきの女性。セリフがすごく早口で、ポンポンポンポンと話を進めていくキャラクターです」と紹介する。隣のボス・ベイビーには「セリフのリズムが早くて大変だったんだよ」と話しかけながら、「年末のキラキラしたこの時期に、クリスマスに“もってこい”の映画です。ぜひ皆さんに楽しんでいただきたい」と呼びかけた。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」公開記念イベントの様子。

「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」公開記念イベントの様子。[拡大]

イベントがUSJのクリスマスツリー「20周年 NO LIMIT! ツリー」前の特設ステージで行われていることから、ムロは「映画を観てパークに来て超元気になっていただきたい。ぜひセットで楽しんで。 NO LIMIT! これ言いたくなりますね。限界突破!」と大はしゃぎ。この日はパークのクルーが踊る「NO LIMIT! タイム ~ハッピー・クリスマス!~」のスペシャルバージョンも披露された。

前作に続いてトム・マクグラスが監督を務めた「ボス・ベイビー ファミリー・ミッション」は、12月17日より全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ムロツヨシのほかの記事

リンク

関連商品

(c) 2021 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ボス・ベイビー ファミリー・ミッション / ムロツヨシ / 多部未華子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。