「ミラベルと魔法だらけの家」ナオトと声優陣が生歌披露、ゆめっちは「プレッシャー」

252

ディズニー・アニメーション「ミラベルと魔法だらけの家」の公開記念舞台挨拶が本日12月1日、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、日本版声優キャストの斎藤瑠希、平野綾、ゆめっち(3時のヒロイン)、中尾ミエ、日本版エンドソングを歌唱したナオト・インティライミが登壇した。

「ミラベルと魔法だらけの家」公開記念舞台挨拶にて、左からナオト・インティライミ、中尾ミエ、斎藤瑠希、ゆめっち、平野綾。

「ミラベルと魔法だらけの家」公開記念舞台挨拶にて、左からナオト・インティライミ、中尾ミエ、斎藤瑠希、ゆめっち、平野綾。

大きなサイズで見る(全14件)

歌を披露する中尾ミエ(左)、斎藤瑠希(右)。

歌を披露する中尾ミエ(左)、斎藤瑠希(右)。[拡大]

11月26日に公開された「ミラベルと魔法だらけの家」は、それぞれが特別な個性を持つマドリガル家の中で、1人だけ“魔法のギフト(才能)”をもらえなかった少女ミラベルの活躍が描かれるミュージカルファンタジー。リン=マニュエル・ミランダがすべての楽曲を手がけ、ミラベルに斎藤、ミラベルの長姉イサベルに平野、次姉ルイーサにゆめっち、アルマおばあちゃんに中尾が声を当てた。

歌を披露する平野綾。

歌を披露する平野綾。[拡大]

イベントの冒頭では、声優陣が自身の歌唱曲を披露していく。平野は“完璧な姉”であるイサベラが自分にとっての幸せを見つけていく「本当のわたし」、ゆめっちは町中の人から頼りにされているルイーサが胸の内を明かす「増していくプレッシャー」を歌唱。家族のユニークな魔法を紹介する「ふしぎなマドリガル家」を歌った斎藤と中尾は、最後の決めポーズもすっかり忘れてノリノリで踊っていた。

映画の世界観を表現したネイルアートをアピールするゆめっち。

映画の世界観を表現したネイルアートをアピールするゆめっち。[拡大]

ゆめっちは「感情を表現するのが難しい。低かったり高かったり、速かったりゆっくりになったり。こんなにたくさんのお客さんの前で歌うのは初めてだったのでプレッシャーでした!」と興奮冷めやらぬ様子。さっそく映画館で鑑賞したという平野は「上映後の『楽しかったねー!』という声を直に聞けてうれしい気持ちでいっぱい。グッズもかわいくて映画館で大人買いしてしまいました」と声を弾ませる。中尾は映画の世界観に合わせた衣装をまとうキャスト陣を眺めながら「みんな映画から抜け出してきたみたい。実演するんだったらこのメンバーでやらせてもらいたい」とほほえみ、その言葉に登壇者たちも「ぜひ!」と意欲を見せた。

歌を披露するナオト・インティライミ。

歌を披露するナオト・インティライミ。[拡大]

踊りながら退場する登壇者たち。

踊りながら退場する登壇者たち。[拡大]

そしてナオトも登壇し、日本版エンドソング「マリーポーサ ~羽ばたく未来へ~」をパフォーマンス。日本語詞も担当したナオトは「ミラベルの気持ちを考えていたら、勝手にミラベルへのお手紙を書いていた。それが歌詞になっていった感じです」と説明した。また憧れのディズニー映画からのオファーについては「ドッキリだと思って『このインティライミで合ってる?』とマネージャーに確認しました。本当はもっと少年のような心で喜びたかったんですけど(笑)」と振り返る。ナオトの歌声に聞き惚れていた斎藤は「温かい気持ちになって、ジーンと来てしまいました」と感想を伝え、「ミラベルたちが抱える問題はどんな人も共感していただけると思います。『私にしかできないことがある』と、この作品を観て明日からまた元気に生きる活力にしてください!」と呼びかけた。

「ミラベルと魔法だらけの家」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

ナオト・インティライミのほかの記事

関連商品

(c)2021 Disney. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ミラベルと魔法だらけの家 / ナオト・インティライミ / 平野綾 / 3時のヒロイン / 中尾ミエ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。