吉田羊が悩める母役で「妻、小学生になる。」出演、知らない一家と娘が会っていた

190

吉田羊が、TBS系金曜ドラマ「妻、小学生になる。」に出演する。

吉田羊演じる白石千嘉。

吉田羊演じる白石千嘉。

大きなサイズで見る(全6件)

村田椰融の同名マンガをもとにした本作は、妻を亡くして生きる意味を失った主人公・新島圭介とその娘が、思わぬ形で妻(母)と奇跡の再会を果たす物語。圭介を堤真一、10年前に他界した圭介の妻・貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の一人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりである10歳の少女・白石万理華を毎田暖乃が演じる。

吉田は万理華を女手ひとつで育てる母親・白石千嘉役を務める。自身が母に愛されなかったという思いから、娘との距離感に悩み続けている女性だ。そんな折に、万理華が自分に隠れて知らない一家と会っていることを知り、千嘉はその“秘密”を知ろうとする。

吉田は「何やら訳ありの人生を送ってこられた方なので、その歪みと向き合いながら、圭介さんを始めとした周りの人々と関わっていく中で変化していく千嘉さんを見せられたらいいなと思っています」と語る。そして「家族を亡くされた方、家族との向き合い方に悩んでいる方、仕事に悩む方、そして人付き合いに悩む方などなど、それぞれの“立ち止まり”に寄り添い、背中を押してくれるじんわりとあたたかいドラマです」と作品の魅力を言葉にした。

「妻、小学生になる。」は、1月期に毎週金曜22時からオンエア。ドラマ「凪のお暇」の大島里美が脚本を手がけ、坪井敏雄、山本剛義、大内舞子、加藤尚樹が演出を担当する。

金曜ドラマ「妻、小学生になる。」

TBS系 2022年1月スタート 毎週金曜 22:00~22:54

吉田羊 コメント

台本を読んで、ファンタジックな世界でありながらも、生身の人間が演じることで説得力があり、ファンタジーとリアルの境界線が曖昧になっていくような、とても不思議な物語だなと思いました。
私が演じる千嘉さんは、彼女自身何やら訳ありの人生を送ってこられた方なので、その歪みと向き合いながら、圭介さんを始めとした周りの人々と関わっていく中で変化していく千嘉さんを見せられたらいいなと思っています。
不思議な設定のドラマではありますが、そこに描かれているのは、私たちの周りに溢れているエピソードばかりです。家族を亡くされた方、家族との向き合い方に悩んでいる方、仕事に悩む方、そして人付き合いに悩む方などなど、それぞれの“立ち止まり”に寄り添い、背中を押してくれるじんわりとあたたかいドラマです。ぜひご覧ください。

中井芳彦(プロデューサー)コメント

もしも自分の娘が、知らない誰かの生まれ変わりだと知ったら、一体どんな言葉をかけられるのか。そしてその娘が、前の家族たちと、自分に隠れて会っていることを知ったら、一体どんな感情が生まれるのか。
想像ができないこの状況に向き合う母親役は吉田羊さんしか考えられませんでした。
家族の愛を信じられなくなり、自分自身をも信じられなくなって悩む1人の女性を、演じていただくことがとても楽しみです。

この記事の画像(全6件)

関連記事

吉田羊のほかの記事

リンク

関連商品

(c)村田椰融/芳文社 (c)TBS

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 吉田羊 / 堤真一 / 石田ゆり子 / 蒔田彩珠 / 村田椰融 / 山本剛義 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。