綾野剛がNetflix版「新聞記者」現場で熱狂、藤井道人は「悔いはない」

4

1584

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 332 1212
  • 40 シェア

「Netflix Festival Japan 2021」と銘打たれたイベントが本日11月10日東京都内で開催。Netflixシリーズ「新聞記者」のキャスト・米倉涼子綾野剛、監督の藤井道人がトークセッションに参加した。

左から綾野剛、米倉涼子、藤井道人。

左から綾野剛、米倉涼子、藤井道人。

大きなサイズで見る(全15件)

本作では、東都新聞社会部記者・松田杏奈が政府による公文書改ざん事件の真相を追うさまが描かれる。米倉が松田、綾野が理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一を演じた。

米倉涼子

米倉涼子[拡大]

左から綾野剛、米倉涼子。

左から綾野剛、米倉涼子。[拡大]

米倉は「声なき声を届けるのが記者の仕事だという信念のもと、努力とあきらめない気持ちを大事にしている人」と自身が演じた人物を紹介する。当初は強いキャラクターを作ろうと考えていたものの、藤井の求めによって小声で静かな女性にシフトチェンジしたそうで「構想がすべて壊されたんです! でも、そのおかげで地味な闘うヒロインという新しい姿をいただけました」と笑った。

「記者の皆さんの前で記者の話をするって楽しいですね」とニコニコする綾野剛。

「記者の皆さんの前で記者の話をするって楽しいですね」とニコニコする綾野剛。[拡大]

綾野は「信頼している藤井監督からのオファーなので断る理由がなかった。米倉さんともぜひご一緒したいと思いました」と出演を即決したと明かす。そして「ベスト3に入るくらい精神的にキツい役でした。追い詰められていたけれど“綾野剛”自体はすごく元気で、楽しかったし熱狂していました」と充実感に満ちた表情で語り、「自分自身はどうなんだ?と村上から問いかけられている気がした」と撮影中の心境を表現した。

Netflixシリーズ「新聞記者」トークセッションの様子。

Netflixシリーズ「新聞記者」トークセッションの様子。[拡大]

藤井道人

藤井道人[拡大]

映画「新聞記者」に続いて監督を担った藤井は、本作で描きたかった新たな視点について「映画を作って感じたことを、もっと具体的にキャラクターとして表現したいと思いました。メディアと国を守る人だけの話じゃなく、それらを遠い世界のように感じている人間の話を描きたかった」と触れる。その思いが投影されたのは、横浜流星演じる新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮。藤井は横浜を「彼のベストアクトだと言っても過言ではない」と絶賛し、「素晴らしい役者さんに囲まれてこの作品を届けることができる。悔いはないです」と本作の出来に胸を張った。

Netflixシリーズ「新聞記者」は、2022年1月13日よりNetflixにて全世界独占配信。

この記事の画像・動画(全15件)

読者の反応

  • 4

山脇朋之 @t_y_l_love_kn

綾野剛がNetflix版「新聞記者」現場で熱狂、藤井道人は「悔いはない」 https://t.co/P5NyE0bLfM #スマートニュース

コメントを読む(4件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

米倉涼子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 新聞記者 / 米倉涼子 / 綾野剛 / 藤井道人 / 横浜流星 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。