チャーリー・バワーズのサイレント映画4本をオリジナル伴奏付きで上映

2

70

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 12 29
  • 29 シェア

チャーリー・バワーズが1920年代に生み出したサイレント映画4作品のオリジナル伴奏音楽付き特集上映「NOBODY KNOWS チャーリー・バワーズ」が、11月に東京、大阪、兵庫で順次行われる。

「たまご割れすぎ問題」

「たまご割れすぎ問題」

大きなサイズで見る(全5件)

「NOBODY KNOWS チャーリー・バワーズ」メインビジュアル

「NOBODY KNOWS チャーリー・バワーズ」メインビジュアル[拡大]

カートゥーン「マットとジェフ」のアニメーターを経て、自身が主演する無声短編映画の制作を始めたバワーズ。長らく映画史に埋もれていたが、眠っていたフィルムが世界各地で発掘され、21世紀に入ってからは現存作品のデジタル修復が行われた。

「全自動レストラン」

「全自動レストラン」[拡大]

上映されるのは「たまご割れすぎ問題」「全自動レストラン」「ほらふき倶楽部」「怪人現る」。塩屋楽団 + Sollaが伴奏を担当する。東京のアテネ・フランセ文化センター、兵庫・神戸映画資料館では10月29日に予約受付が開始。大阪のシネ・ヌーヴォは11月7日にオンライン、窓口ともにチケットが発売される。スケジュールなど詳細は、特集や開催場所の公式サイトで確認を。

NOBODY KNOWS チャーリー・バワーズ

料金:税込1800円

東京都 アテネ・フランセ文化センター

2021年11月12日(金)18:30~ ※上映後、細馬宏通(視聴覚文化研究)のトークあり
2021年11月13日(土)14:00~

大阪府 シネ・ヌーヴォ

2021年11月19日(金)18:20~
2021年11月20日(土)13:30~ ※上映後、鈴木卓爾(映画監督)のトークあり

兵庫県 神戸映画資料館

2021年11月21日(日)13:30~ / 16:00~ ※上映後、いいをじゅんこ(クラシック喜劇研究家)ほかのトークあり

この記事の画像(全5件)

読者の反応

  • 2

daysuke takaoka 高岡大祐 @blowbass

アテネ・フランセでこちらを鑑賞。音楽をつけたのが塩屋の友人達中心の楽団で、音から顔が浮かぶ。音楽が面白すぎると映像に没入出来なかったり。しかし面白かった。

チャーリー・バワーズのサイレント映画4本をオリジナル伴奏付きで上映 https://t.co/39X4qvRhsM

コメントを読む(2件)

関連記事

鈴木卓爾のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木卓爾 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。