R18+指定のBL映画「性の劇薬」池袋シネマ・ロサで1週間限定リバイバル上映

1

192

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 67 124
  • 1 シェア

2020年2月に初公開された映画「性の劇薬」が、東京の池袋シネマ・ロサで12月4日よりリバイバル上映される。

「性の劇薬」ポスタービジュアル

「性の劇薬」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

「性の劇薬」

「性の劇薬」[拡大]

「性の劇薬」

「性の劇薬」[拡大]

R18+指定の本作は、水田ゆきのマンガを「アルプススタンドのはしの方」の城定秀夫が実写化したBL映画。命を捨てようとした男が、監禁・SM・調教を通して「生」を植え付けられていくさまが描かれている。ダブル主演を務めた北代高士渡邊将による体当たりの演技が話題を呼び、6カ月以上に及ぶロングランを記録した。このたび、原作の続編配信開始を記念して再上映される。

この記事の画像(全10件)

(c)2019フューチャーコミックス

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

R18+指定のBL映画「性の劇薬」池袋シネマ・ロサで1週間限定リバイバル上映
https://t.co/M7QRT6ic5e https://t.co/1biR8HLjf8

コメントを読む(1件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

城定秀夫のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 性の劇薬 / 城定秀夫 / 北代高士 / 渡邊将 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。