1人の男が巨大企業の隠蔽暴く、マーク・ラファロ×トッド・ヘインズの社会派ドラマ

1

92

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 30 55
  • 7 シェア

マーク・ラファロが主演、「キャロル」のトッド・ヘインズが監督を務めた「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」が12月17日に公開される。

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」ポスタービジュアル

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る

本作は、実在の弁護士ロブ・ビロットと巨大企業の十数年にもわたる闘いを題材とした社会派ドラマ。1998年、米オハイオ州の名門法律事務所で働くロブはウエストバージニア州パーカーズバーグの農場経営者から、大手化学メーカー・デュポン社の工場廃棄物にまつわる調査依頼を受ける。やがてロブはデュポン社が発がん性物質の危険性を40年間も隠蔽してきた事実に気付き、7万人の住民を原告団とする集団訴訟に踏み切るも、巨大企業との法廷闘争が彼を窮地に陥れていく。

2016年1月、The New York Times紙に掲載されたロブに関する記事を読み、環境活動家でもあるラファロは映画化を企画。本人への取材を行うなど入念に役作りして自らロブを演じた。ロブの最大の理解者である妻サラにアン・ハサウェイ、ロブの上司タープにティム・ロビンスが扮したほか、ビル・キャンプヴィクター・ガーバービル・プルマンも出演。監督のヘインズはラファロから直々のオファーを快諾した。

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

(c)2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

1人の男が巨大企業の隠蔽暴く、マーク・ラファロ×トッド・ヘインズの社会派ドラマ
https://t.co/Og7DJxZgCL

#トッド・ヘインズ #マーク・ラファロ #アン・ハサウェイ https://t.co/dic9OpvPBc

コメントを読む(1件)

関連記事

トッド・ヘインズのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男 / トッド・ヘインズ / マーク・ラファロ / アン・ハサウェイ / ティム・ロビンス / ビル・キャンプ / ヴィクター・ガーバー / ビル・プルマン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。