ティム・ロビンス

ティムロビンス

俳優のギル・ロビンスの息子として生まれ、子供の時から演劇を始める。UCLA在学中から劇団を作り、活動。1984年に映画デビュー後は、数本に脇役として出演し、1988年の「さよならゲーム」で初主演。この作品で共演したスーザン・サランドンと同棲を始め、現在まで続いている。その後、カンヌ映画祭主演男優賞を受賞した「ザ・プレイヤー」(1992)をはじめ、大作、話題作の主演が続いている。1992年に「ボブ・ロバーツ」で監督デビュー。第2作「デッドマン・ウォーキング」(1995)がヒットし、監督としても注目されている。