牛久入管や都市封鎖の武漢を捉えた作品も、山形ドキュメンタリー映画祭全ラインナップ

1

109

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 35 62
  • 12 シェア

山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)2021の特別招待作品と特集プログラムが明らかになった。

「牛久」

「牛久」

大きなサイズで見る(全37件)

「山形国際ドキュメンタリー映画祭 2021」ビジュアル

「山形国際ドキュメンタリー映画祭 2021」ビジュアル[拡大]

17回目の開催を迎える今年、現在の全国的な新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、初めてオンラインでの実施を決定した同映画祭。すでに発表されているインターナショナル・コンペティション、アジア千波万波以外の作品が発表された。

「私はおぼえている」

「私はおぼえている」[拡大]

特別招待作品は劇映画撮影のため中国・武漢に入ったクルーがコロナ禍による突然の都市封鎖に遭遇し、街中の撮影を始めた「武漢、わたしはここにいる」。日本プログラムは茨城・牛久の東日本入国管理センターに長期収容されている外国籍の人々に取材し、その内情を告発する「牛久」、鳥取で暮らす高齢者たちが戦前から現在までの生活史を語った224分の「私はおぼえている」など5本となった。「やまがたと映画」では映画祭の第1回を記録した「映画の都」、映画評論家・淀川長治が“世界一”と評した映画館のドキュメンタリー「世界一と言われた映画館 ~酒田グリーン・ハウス証言集~」など4本がラインナップに並んでいる。

「千古里の空とマドレーヌ」

「千古里の空とマドレーヌ」[拡大]

「若き孤独」

「若き孤独」[拡大]

6回目を迎える東日本大震災関連の特集プログラム「ともにある Cinema with Us 2021」では4作品を紹介。主に高校生・大学生を対象に「他者と話すこと」をテーマにした作品の上映と鑑賞ワークショップを行う「未来への映画便」では、クレール・シモンがパリ郊外の高校に通う学生たちの対話を記録した「若き孤独」など3本を取り上げる。また作品になる前のフッテージを紹介し、作家と参加者の対話に焦点を当てる「ヤマガタ・ラフカット!」には、日本から鈴木光と長村ひかり、フィリピンのバガネ・フィオラ、インドのパンカジ・リシ・クマールが参加した。

このたびコンペティション部門の審査員も明らかに。インターナショナル・コンペティションには「アンダー・ユア・ベッド」の安里麻里、あいち国際女性映画祭のコーディネーターを務める映画研究者の斉藤綾子、写真家の志賀理江子、音楽評論家の東琢磨、映画評論家のマーク・シリングが名を連ねた。アジア千波万波では「きらめく拍手の音」「記憶の戦争」のイギル・ボラ、「夜明け」「つつんで、ひらいて」の広瀬奈々子が審査を行う。なおコンペの審査員は公平を期すためオンラインではなく、山形の現地でスクリーンにて鑑賞する形となる。

YIDFF 2021は10月7日から14日にかけて開催。すべての作品が日時指定配信で、日本国内でのみ鑑賞可能だ。チケットは10月1日19時から各作品の配信時間まで販売。フリーパスや複数回券はなく、税込1300円の1回券のみの販売となる。詳細は映画祭の特設サイトで確認を。

山形国際ドキュメンタリー映画祭 2021

オンライン開催 2021年10月7日(木)~14日(木)

インターナショナル・コンペティション

「光の消える前に」
「カマグロガ」
ボストン市庁舎
「最初の54年間ー軍事占領の簡易マニュアル」
「彼女の名前はエウローペーだった」
「理大囲城」
「ミゲルの戦争」
「ナイト・ショット」
国境の夜想曲」※オンライン上映なし
「核家族」
「ヌード・アット・ハート」※オンライン上映なし
「自画像:47KMのおとぎ話」
「スープとイデオロギー」※オンライン上映なし
「私を見守って」
「発見の年」

アジア千波万波

「午後の景色」
「蟻の蠢き」
「言語の向こうにあるもの」
「心の破片」
「駆け込み宿」
「エントロピー」
「怖れと愛の狭間で」※オンライン上映なし
「炭鉱たそがれ」
「それは竜のお話」
「リトル・パレスティナ」
「異国での生活から」
「ルオルオの怖れ」
「メークアップ・アーティスト」
「東北おんばのうた ー つなみの浜辺で」
「沈黙の情景」
「夜明けに向かって」
「ベナジルに捧げる3つの歌」※オンライン上映なし
「燃え上がる記者たち」

特別招待作品

「武漢、わたしはここにいる」

日本プログラム

「牛久」
きみが死んだあとで
「BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011/2016/2021」
へんしんっ!
「私はおぼえている」

やまがたと映画

「映画の都」
「丸八やたら漬 Komian」
「世界一と言われた映画館 ~酒田グリーン・ハウス証言集~」
「北日本の即身仏」

ともにある Cinema with Us 2021

千古里の空とマドレーヌ
「10年後のまなざし」
「ナオト、いまもひとりっきり2020」
「ふるさとに旅する」

未来への映画便

「若き孤独」
「言語の向こうにあるもの」
ほか1作品

ヤマガタ・ラフカット!

「福島形相日記」
「マミーへのラブレター」
「テグロルを追って──聖なる山の歌の守り人たち」
「あるフランス人男の死」

この記事の画像(全37件)

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

牛久入管や都市封鎖の武漢を捉えた作品も、山形ドキュメンタリー映画祭全ラインナップ
https://t.co/5VwVn1A4cm

#山形国際ドキュメンタリー映画祭 #YIDFF https://t.co/a20ou7Jw8x

コメントを読む(1件)

関連記事

安里麻里のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 牛久 / きみが死んだあとで / へんしんっ! / 私はおぼえている / 映画の都 / 世界一と言われた映画館 / 千古里の空とマドレーヌ / ボストン市庁舎 / 国境の夜想曲 / 安里麻里 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。