沢田研二の主演作「土を喰らう十二ヵ月」2022年秋に公開、土井善晴が料理担当

3549

沢田研二が主演を務めた映画「土を喰らう十二ヵ月」が、2022年秋に公開される予定であることがわかった。

「土を喰らう十二ヵ月」

「土を喰らう十二ヵ月」

大きなサイズで見る

水上勉によるエッセイ「土を喰う日々―わが精進十二ヵ月―」を原案に、「ナビィの恋」「ホテル・ハイビスカス」の中江裕司が監督と脚本を担当した「土を喰らう十二ヵ月」。人里離れた長野の山荘で、実やきのこ、畑で育てた野菜を料理し、季節の移ろいを感じながら原稿をしたためる作家ツトムの姿が描かれる。

2020年2月にクランクインした本作は、四季の移り変わりを描く作品のため1年にわたって撮影される予定だったが、新型コロナウイルスの影響により2021年7月26日にクランクアップを迎えた。ツトムを演じた沢田は「本当に長い、長い、長い撮影でしたけれど、本当の意味で超大作になるように期待しております。本当にお世話になりました。ありがとうございました」と挨拶し、ツトムの愛犬を演じた“もも”の頭を何度もなでて別れを惜しんだ。

また、劇中に登場する料理を手がけた料理研究家の土井善晴はクランクアップに際して「何しろ、沢田さんとご一緒させていただいたことが、とても光栄なことでした」とコメント。「そして“土”と生活がつながっている感じが細部にまで表れていて、監督の思いが伝わってきました。本当にありがとうございました」と中江を称賛した。

関連記事

沢田研二のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 沢田研二 / 中江裕司 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。