「いとみち」豊川悦司が娘役・駒井蓮の感性を絶賛「たくさん刺激をもらった」

5

354

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 84 234
  • 36 シェア

いとみち」の公開記念舞台挨拶が本日6月26日に東京・グランドシネマサンシャインで行われ、キャストの駒井蓮豊川悦司横田真悠中島歩古坂大魔王ジョナゴールド(りんご娘)、監督を務めた横浜聡子が登壇した。

「いとみち」公開記念舞台挨拶の様子。左から中島歩、横田真悠、古坂大魔王、駒井蓮、豊川悦司、ジョナゴールド、横浜聡子。

「いとみち」公開記念舞台挨拶の様子。左から中島歩、横田真悠、古坂大魔王、駒井蓮、豊川悦司、ジョナゴールド、横浜聡子。

大きなサイズで見る(全19件)

「いとみち」ビジュアル(赤)

「いとみち」ビジュアル(赤)[拡大]

越谷オサムの同名小説を実写化した本作は、津軽三味線が得意な青森の高校生・相馬いとを主人公とした青春音楽ドラマ。強い津軽弁にコンプレックスを持ついとが、メイドカフェでアルバイトを始めたことをきっかけに成長していくさまが描かれる。

左から駒井蓮、豊川悦司。

左から駒井蓮、豊川悦司。[拡大]

「いとみち」

「いとみち」[拡大]

9カ月間に及ぶ猛練習の末、津軽三味線の演奏シーンに臨んだ駒井。「すっごく難しくて、途中、もうやめてやろう!と思ったときもあったんですけど(笑)」と振り返るが、MCが「駒井蓮さんの三味線素晴らしかったですよね?」と呼びかけると、会場からは拍手喝采が飛ぶ。いとの父親で民俗学者の耕一を演じた豊川は「駒井さんは感性が本当に素晴らしく、毎シーン驚かされてたくさん刺激をもらいました」と絶賛。さらに、いとと祖母のハツヱが2人で三味線を弾くシーンに触れ「僕は庭のほうでリハーサルの音を聞いていたんですが、家の中から三味線の熱量がガンガン響いてくる。スタッフも一言もしゃべらず、2人を見守る独特な雰囲気。改めて音楽の力と迫力、三味線の音色の強さに驚かされました」と続けた。

横田真悠

横田真悠[拡大]

中島歩

中島歩[拡大]

撮影はオール青森ロケ。駒井、古坂、ジョナゴールド、横浜の4人は青森県出身だ。いとの先輩メイド・智美役の横田は、駒井の両親が差し入れてくれたりんごジュースのおいしさを熱弁。「近くのスーパーで大量に買って、ホテルから自分の家に送りました」と笑って振り返る。いとが働く津軽メイド珈琲店の店長・工藤を演じた中島は、駒井から「地元・青森での絵に描いたようなエピソード」を聞いたそうで「りんごをかじりながら、田んぼを自転車で走ってたらしいです」と勝手に打ち明け、笑いを誘った。

ジョナゴールド(りんご娘)

ジョナゴールド(りんご娘)[拡大]

長編映画初出演となったジョナゴールドは「私たちが歌とダンスで発信している青森の魅力を、映画を通して伝えられると思ったらすごくうれしくて。同じ事務所の後輩グループや、りんご娘としても出演してるのでぜひ注目してください。本当に緊張はしましたけど、温かい現場で楽しかった!」と語った。

黒川芽以からのビデオメッセージ。

黒川芽以からのビデオメッセージ。[拡大]

駒井蓮

駒井蓮[拡大]

この日出席が叶わなかった先輩メイド・幸子役の黒川芽以からのビデオメッセージも上映。幸子は厳しい先輩ながら、いとを優しく見守るシングルマザーという役どころだ。黒川は「(駒井が)がんばる姿を間近で観ていたので、優しくしたいという気持ちが強くなって……。監督からは『もうちょっと厳しく』と演技指導もありました」と述懐。ビデオを観ながら感極まる駒井は「三味線や演技で悩んでいるときに黒川さんが相談に乗ってくれました。主演なのに皆さんに支えていただいた現場でした。ふと思い出してしまって」と言葉を詰まらせながら感謝を伝えた。横浜も「黒川さんが姉御肌で皆さんを引っ張ってくれた。10個ぐらい歳下なんですが、私の悩みもたまに聞いてくれました(笑)」と続ける。

左から駒井蓮、豊川悦司。

左から駒井蓮、豊川悦司。[拡大]

左から古坂大魔王、駒井蓮。

左から古坂大魔王、駒井蓮。[拡大]

いととハツヱは津軽弁ネイティブだが、東京出身の耕一は家族の中で唯一津軽弁をしゃべれない人物。豊川は「最初のシナリオでは耕一も津軽弁でしゃべってたんです。僕としてはちょっとチャレンジしたい気持ちもありました」と振り返るが、駒井は「あれ、お父さん訛ってる!」と豊川が完璧な津軽弁を披露しているシーンがあることを指摘。津軽メイド珈琲店のオーナー成田役の古坂も「青森にも津軽弁は聞き取れるけど、しゃべれない人がいっぱいいる。そういう人は、たまに言葉が引っ張られる。豊川さんの津軽弁には、その感じがすごく出てました」と称賛した。また「けっぱれ」という津軽弁のセリフに触れ「“がんばれ”の意味なんですけど、単純ながんばれとは違う。体の内から、魂からの“がんばれ”」とジャスチャー混じりに「けっぱれ」の独特なニュアンスを表現した。

駒井蓮

駒井蓮[拡大]

最後に、駒井はほかの登壇陣1人ひとりに向けて感謝の言葉を紡ぎつつ「青森の映画ではありますが、どの故郷にも通じるものが映ってると思います。これからも映画を広められるようにがんばっていきます」と意気込む。また横浜が「俳優の皆さんが素晴らしくて、俳優に支えてもらって作ったと言っても過言ではないです。気に入っていただけたら、ぜひ近くの人に『いとみち、面白いよ』と言葉で伝えていただけるとうれしいです」と述べ、イベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全19件)

(c)2021『いとみち』製作委員会

読者の反応

  • 5

グランドシネマサンシャイン 池袋 @cs_ikebukuro

「いとみち」豊川悦司が娘役・駒井蓮の感性を絶賛「たくさん刺激をもらった」(写真18枚) https://t.co/CwaWqnEeeV

コメントを読む(5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

駒井蓮のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 いとみち / 駒井蓮 / 豊川悦司 / 横田真悠 / 中島歩 / 古坂大魔王 / ジョナゴールド / 横浜聡子 / 黒川芽以 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。