中村悠一らマーベル吹替声優がナレーション、「ブラック・ウィドウ」新CM4種解禁

3

284

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 79 203
  • 2 シェア

マーベル・スタジオ作品の吹替声優として知られる中村悠一宮内敦士三宅健太平川大輔がナレーションを担当した「ブラック・ウィドウ」のテレビCMが、7月1日から放送される。オンエアに先駆け、このたびYouTubeで公開された。

左上から時計回りにキャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ロキ。

左上から時計回りにキャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ロキ。

大きなサイズで見る(全5件)

「ブラック・ウィドウ」

「ブラック・ウィドウ」[拡大]

「ブラック・ウィドウ」は、アベンジャーズのメンバーである“ブラック・ウィドウ”ことナターシャ・ロマノフの過去と秘密を描く、マーベル・スタジオの最新作。ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンのほか、フローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・ハーバーらがキャストに名を連ねた。

過去のシリーズで、ブラック・ウィドウのよき理解者キャプテン・アメリカ役を務めてきた中村は「キャラクター篇・ストーリー篇」のCMを担当。映像には中村の「なぜ孤独な暗殺者はアベンジャーズになったのか」という声が収められた。ブラック・ウィドウと心を通わせるハルクに声を当ててきた宮内は、「レガシー篇」のCMに「アベンジャーズの知られざる物語を、今こそ」という言葉を吹き込んだ。ソー役の声優として知られる三宅は、「カムバック篇」のCMで「『アベンジャーズ/エンドゲーム』の感動から2年──今止まった時間が動き出す。すべての映画ファンへ、マーベル映画のスリルと興奮を」というナレーションを担当。さらに平川が参加した「スパイ・アクション篇」のCMには「何も信じるな、“家族”も“過去”も“自分”さえも。すべて作られた偽物なのか──究極のスパイ・アクション超大作!」と“裏切り王子”ことロキ役の吹替声優にふさわしい言葉が収められた。

ケイト・ショートランドが監督を務めた「ブラック・ウィドウ」は7月8日に公開。ディズニープラスでは7月9日から「プレミア アクセス」形式で配信される。なおマーベル・スタジオの過去作品はディズニープラスで配信中。

この記事の画像・動画(全5件)

(c)Marvel Studios 2021

読者の反応

  • 3

さけたらこ @saketara

中村悠一らマーベル吹替声優がナレーション、「ブラック・ウィドウ」新CM4種解禁 https://t.co/1SoGOmIpfh

コメントを読む(3件)

関連記事

中村悠一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ブラック・ウィドウ / 中村悠一 / 宮内敦士 / 三宅健太 / 平川大輔 / スカーレット・ヨハンソン / ケイト・ショートランド の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。