高岡早紀がアクションで5m飛ぶ、市原隼人「これは“リカ”というジャンル」と断言

121

リカ ~自称28歳の純愛モンスター~」公開直前舞台挨拶が本日6月15日に東京・スペースFS汐留で開催され、キャストの高岡早紀市原隼人内田理央佐々木希、監督の松木創が登壇した。

「リカ ~自称28歳の純愛モンスター~」公開直前舞台挨拶の様子。左から内田理央、市原隼人、高岡早紀、佐々木希、松木創。

「リカ ~自称28歳の純愛モンスター~」公開直前舞台挨拶の様子。左から内田理央、市原隼人、高岡早紀、佐々木希、松木創。

大きなサイズで見る(全17件)

本作はドラマ「リカ」「リカ~リバース~」に続く劇場版。運命の男性だと思った相手を手に入れるためなら手段を選ばない雨宮リカが、狂気のストーカーと化すさまが描かれる。高岡がリカ、市原がマッチングアプリでリカをおびき出そうとする刑事・奥山次郎を演じた。

高岡早紀

高岡早紀[拡大]

高岡は「深夜ドラマから始まったときは、映画になるとはみじんも思ってませんでした」と挨拶し、ドラマのオファーを「サイコパスな役というのはハードルが高くて、あまり好んでやりたい役ではなかったです」と笑いながら振り返る。「一番ネックになったのは、『雨宮リカ、28歳です』というセリフ」と話し、「普段は口に出さないようなセリフ……『死』とか『死ねばいいのに』なんて言葉もいっぱい台本の中にちりばめてあったので、本当に心配でした」と当時の心境を吐露。「でもこんなに視聴者の方に支持、共感されたのはうれしいです。今は楽しくてしょうがないですね」と役を楽しんだ様子を見せる。

市原隼人

市原隼人[拡大]

そんな高岡が演じたリカと対峙した市原は「リカは一見猟奇的にも見えるんですが、非常に普遍的。人間の根っこにある感情を擬人化したような人です。理性や協調性といったものを外して衝動的に訴え掛けてくるリカの姿は魅力的でしたし、それに奥山は惹かれてしまったんですよね」と語る。そして「もうこれは“リカ”というジャンルの作品なんです」と言うと、高岡も「そうなんです!」と間髪入れずに同意した。

左から市原隼人、高岡早紀。

左から市原隼人、高岡早紀。[拡大]

また市原が「どうしてリカのような人間が生まれたのか。リカは罪を償わなければならないと思うけど、僕には彼女を責め続けることができなかった」と漏らすと、高岡は「え! リカ悪いことしてないもん!……とリカだったら思っていますね」とリカの思いを伝えて市原を笑わせる。

内田理央

内田理央[拡大]

佐々木希

佐々木希[拡大]

松木創

松木創[拡大]

劇中では、スパイダーマンのようなワイヤーアクションをリカが繰り広げる場面も。撮影をそばで見ていたという内田は「高岡さんが美しく飛ばれていて、現場のみんなで『ハッ!』となりました。あの興奮は忘れられないです」と華麗な動きをたたえた。また佐々木が「試写を観て、これは怖かっただろうなと思いました」と言うと、高岡は「監督に2~3mくらいしか上に飛ばさないから大丈夫と言われていました。実際飛んでみたら恐怖心より楽しさが勝ったんですが、あとから聞いたら5~6m飛んでいたって……」と松木を見やる。これを受けて松木は「早紀さんがどんどん飛ぶのでどんどん高くなって、まさかあんなに飛ぶとは思わなかったんです」と説明しつつ、「スタントの方もいましたが、かなりの部分を演じられて」と高岡をねぎらった。

心理テストに挑む登壇者たち。

心理テストに挑む登壇者たち。[拡大]

リカ度100%に当てはまった高岡早紀(左)と佐々木希(右)。

リカ度100%に当てはまった高岡早紀(左)と佐々木希(右)。[拡大]

最後には、食事の際どの皿から手を付けるかで“隠れリカ度”が判定できる心理テストを実施。リカ度100%に当てはまってしまった高岡と佐々木は顔を見合わせて大笑いした。

「リカ ~自称28歳の純愛モンスター~」は、6月18日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

高岡早紀のほかの記事

関連商品

(c)2021映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 リカ ~自称28歳の純愛モンスター~ / 高岡早紀 / 市原隼人 / 内田理央 / 佐々木希 / 松木創 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。