ケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンの視線が絡む、共演作の本編映像

39

4月9日に封切られる「アンモナイトの目覚め」より、本編映像の一部が公開された。

「アンモナイトの目覚め」

「アンモナイトの目覚め」

大きなサイズで見る(全15件)

「アンモナイトの目覚め」ポスタービジュアル

「アンモナイトの目覚め」ポスタービジュアル[拡大]

ケイト・ウィンスレットシアーシャ・ローナンが共演した本作。1840年代、イギリスの海沿いの町ライム・レジスを舞台に、貧しい古生物学者メアリーと裕福な化石収集家の妻シャーロットが惹かれ合うさまが描かれる。ウィンスレットがメアリーを演じ、ローナンがシャーロットに扮した。

「アンモナイトの目覚め」

「アンモナイトの目覚め」[拡大]

到着したのは、部屋で身仕度をするシャーロットの着替えをメアリーが手伝うシーン。緊張しながらコルセットのひもを縛るメアリーの姿や、その礼としてシャーロットがメアリーの手首に香水を付けるさまが、視線や動きのみで映し出される。

「アンモナイトの目覚め」

「アンモナイトの目覚め」[拡大]

監督のフランシス・リーは「2人の演技には真実と強く激しい感情が込められている。そして、私やお互いに最大限の敬意を払い、私の考えていることを形にしてくれた。驚くほど心が揺さぶられ、美しい関係を表現してくれたんだ」とウィンスレットとローナンの演技を称賛。また、“静かにすること”が撮影中もっとも難しかったというウィンスレットは「メアリーは冷静沈着で感情を抑え込むタイプだけど、素の私は声が大きく活発で、動き回るタイプ。だからフランシスは私を体から変身させた」「内に秘めた愛を表現するのが私にはとても難しかった」と振り返った。

「アンモナイトの目覚め」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次ロードショー。

※「アンモナイトの目覚め」はR15+指定作品

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

ケイト・ウィンスレットのほかの記事

リンク

関連商品

(c)The British Film Institute, The British Broadcasting Corporation & Fossil Films Limited 2019

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 アンモナイトの目覚め / ケイト・ウィンスレット / シアーシャ・ローナン / フランシス・リー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。