タイムトラベルサービスにのめり込む…ダニエル・オートゥイユ主演作が6月公開

29

ダニエル・オートゥイユの主演作「ベル・エポックでもう一度」が6月に公開される。

「ベル・エポックでもう一度」

「ベル・エポックでもう一度」

大きなサイズで見る

本作の主人公は、世の中の変化に付いていけない元売れっ子イラストレーターのヴィクトル。仕事を失い、妻のマリアンヌにも見放されてしまった彼は、息子から“タイムトラベルサービス”をプレゼントされる。映画製作の技術を応用したこのサービスは客の戻りたい過去を広大なセットに再現するもの。「1974年5月16日のリヨン」をリクエストしたヴィクトルは、思い出のカフェで“運命の女性”と出会い、輝かしき日々の再体験に夢中に。延長するため、マリアンヌに内緒で唯一の財産である別荘を売り払ってしまう。

オートゥイユがヴィクトル役で出演。マリアンヌにファニー・アルダン、タイムトラベルサービスの生みの親であるアントワーヌにギョーム・カネ、アントワーヌの恋人でヴィクトルの運命の女性を演じるマルゴにドリア・ティリエが扮する。「タイピスト!」などに出演したニコラ・ブドスが監督・脚本・音楽を担当した。なおフランスのセザール賞ではプロダクションデザイン賞、助演女優賞、脚本賞を獲得している。

「ベル・エポックでもう一度」は東京・シネスイッチ銀座ほかで公開。

※「ベル・エポックでもう一度」はR15+指定作品

関連記事

ダニエル・オートゥイユのほかの記事

リンク

(c)2019-LES FILMS DU KIOSQUE-PATHE FILMS-ORANGE STUDIO-FRANCE 2 CINEMA-HUGAR PROD-FILS-UMEDIA

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ダニエル・オートゥイユ / ファニー・アルダン / ギョーム・カネ / ニコラ・ブドス の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。