岩井澤健治「音楽」がメディア芸術祭エンタメ部門の大賞に、功労賞は野沢雅子ら

198

第24回文化庁メディア芸術祭の受賞結果が発表された。

「音楽」 (c)Hiroyuki Ohashi / Rock'n Roll Mountain / Tip Top

「音楽」 (c)Hiroyuki Ohashi / Rock'n Roll Mountain / Tip Top

大きなサイズで見る(全9件)

文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において、優れた作品を顕彰するとともに受賞作品の鑑賞機会を提供するもの。世界103の国と地域から応募された3693作品の中から、部門ごとに各賞が選ばれた。

「映像研には手を出すな!」キーアート (c)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会

「映像研には手を出すな!」キーアート (c)2020 大童澄瞳・小学館/「映像研」製作委員会[拡大]

大賞は、エンターテインメント部門で岩井澤健治が手がけた劇場アニメ「音楽」、アニメーション部門で湯浅政明が監督を務めたテレビアニメ「映像研には手を出すな!」が受賞。そのほかアート部門は小泉明郎による演劇作品「縛られたプロメテウス」、マンガ部門は羽海野チカの「3月のライオン」に授けられた。

野沢雅子

野沢雅子[拡大]

さらに世界34の国と地域から応募された114作品の中からフェスティバル・プラットフォーム賞も選出。審査委員会の推薦によってメディア芸術分野に貢献した人物に贈られる功労賞には声優の野沢雅子らが名を連ねる。

なお受賞作品展が9月23日から10月3日にかけて、東京・日本科学未来館ほかで行われる。

第24回文化庁メディア芸術祭 受賞結果(一部)

エンターテインメント部門

大賞

「音楽」

優秀賞

劇団ノーミーツ
「諸行無常」
らくがきAR
「0107 - b moll」

ソーシャル・インパクト賞

分身ロボットカフェ DAWN ver.β

新人賞

「アンリアルライフ」
「ウムランギ・ジェネレーション」
「Canaria」

U-18賞

「Flight Fit VR」

アニメーション部門

大賞

「映像研には手を出すな!」

優秀賞

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
泣きたい私は猫をかぶる
マロナの幻想的な物語り
「Grey to Green」

ソーシャル・インパクト賞

「ハゼ馳せる果てるまで」

新人賞

「海辺の男」
「かたのあと」
「A la mer poussiere」
※「A la mer poussiere」の最初のA、最後から2番目のeはアクサングラーヴ付きが正式表記

功労賞

草原真知子(メディアアート・映像文化史研究者、キュレーター)
坂田文彦(ガタケット事務局代表)
さくまあきら(ゲームクリエイター)
野沢雅子(声優)

第24回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展

2021年9月23日(木・祝)~10月3日(日)東京都 日本科学未来館ほか

この記事の画像(全9件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

岩井澤健治のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 音楽 / 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン / マロナの幻想的な物語り / 泣きたい私は猫をかぶる / 岩井澤健治 / 湯浅政明 / 羽海野チカ / 野沢雅子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。