午前十時の映画祭が復活!「ターミネーター」「ファーゴ」「モスラ」など27本上映

3465

「午前十時の映画祭11 デジタルで甦る永遠の名作」が、4月2日から2022年3月31日にかけて東京・TOHOシネマズ 新宿など全国63劇場で開催。ラインナップが明らかになった。

「午前十時の映画祭11 デジタルで甦る永遠の名作」ロゴ

「午前十時の映画祭11 デジタルで甦る永遠の名作」ロゴ

大きなサイズで見る(全3件)

「ターミネーター」 Images courtesy of Park Circus/MGM

「ターミネーター」 Images courtesy of Park Circus/MGM[拡大]

「モスラ」4Kデジタルリマスター版 (c)1961 東宝

「モスラ」4Kデジタルリマスター版 (c)1961 東宝[拡大]

2019年から2020年にかけて行われた「午前十時の映画祭10-FINAL- デジタルで甦る永遠の名作」で一度終止符を打った本特集シリーズ。復活となった今回、スクリーンにかかるのは全27本だ。「ザ・ロック」「ターミネーター」「ターミネーター2」「ファーゴ」「モスラ」など新規セレクトされた22本に加え、アンコール上映となる「ティファニーで朝食を」「赤ひげ」「2001年宇宙の旅」「スタンド・バイ・ミー」「アンタッチャブル」を楽しむことができる。入場料金、開映時間は劇場によって異なるのでご注意を。上映劇場やスケジュールは、特集の公式サイトで確認しよう。

午前十時の映画祭11 デジタルで甦る永遠の名作

2021年4月2日(金)~2022年3月31日(木)
※1作品につき2週間、もしくは1週間上映
上映方式:DCP上映
<上映作品>
真昼の決闘
イージー★ライダー
シャイニング」※北米公開版、デジタルリマスター版
「ターミネーター」
未来世紀ブラジル
「ターミネーター2」
グッドフェローズ
天使にラブ・ソングを…
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ユージュアル・サスペクツ
マディソン郡の橋
「ザ・ロック」
ロミオ+ジュリエット
「ファーゴ」
イングリッシュ・ペイシェント
ノッティングヒルの恋人
ファイト・クラブ
シカゴ(2002年)
グラディエーター
隠し砦の三悪人」※4Kデジタルリマスター版
モスラ(1961年)」※4Kデジタルリマスター版
座頭市物語(4Kデジタル修復版)
「ティファニーで朝食を」
「赤ひげ」
「2001年宇宙の旅」
「スタンド・バイ・ミー」
「アンタッチャブル」

この記事の画像(全3件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 真昼の決闘 / イージー★ライダー / シャイニング / ターミネーター / 未来世紀ブラジル / ターミネーター2 / グッドフェローズ / 天使にラブ・ソングを… / ナイトメアー・ビフォア・クリスマス / ユージュアル・サスペクツ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。