小川紗良の長編初監督作「海辺の金魚」公開日が決定、児童養護施設で暮らす少女描く

460

小川紗良の長編初監督作「海辺の金魚」が6月25日に公開される。

「海辺の金魚」ティザービジュアル

「海辺の金魚」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

「海辺の金魚」ティザービジュアル(裏面)

「海辺の金魚」ティザービジュアル(裏面)[拡大]

「海辺の金魚」は、児童養護施設で暮らす18歳の花と、新たに入所してきた8歳の少女・晴海の交流を描く作品。鹿児島・阿久根市の全面協力のもと撮影され、小川紗良は脚本と編集も担当した。「脳天パラダイス」の小川未祐が花役、オーディションで選ばれた花田琉愛が晴海役で出演。児童施設長のタカ兄に芹澤興人、花の友人である貫太に福崎那由他、花の母に山田キヌヲが扮する。

このたび到着したティザービジュアルには「いい子じゃなくても、抱きしめて。」というコピーが。スチル撮影は川島小鳥が担当した。

「海辺の金魚」は東京・新宿シネマカリテほかで公開。

この記事の画像(全8件)

関連記事

小川紗良のほかの記事

リンク

(c)2021東映ビデオ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 小川紗良 / 小川未祐 / 芹澤興人 / 福崎那由他 / 山田キヌヲ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。