小川紗良の長編初監督作「海辺の金魚」が全州国際映画祭に正式招待

165

小川紗良の長編初監督作「海辺の金魚」が、第22回全州(チョンジュ)国際映画祭インターナショナルコンペティション部門に正式招待されることがわかった。

「海辺の金魚」ティザービジュアル

「海辺の金魚」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全8件)

児童養護施設で暮らす18歳の花と、新たに入所してきた8歳の少女・晴海の交流を描く本作。小川未祐が花、オーディションで選ばれた花田琉愛が晴海を演じ、芹澤興人福崎那由他山田キヌヲも出演している。鹿児島・阿久根市の全面協力のもと撮影され、小川紗良は脚本と編集も担当した。

小川紗良

小川紗良[拡大]

韓国三大映画祭の1つで、アジアを代表するインディペンデント映画祭として知られる全州国際映画祭。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、小川紗良は現地での登壇はせずオンラインQ&Aに出席する。4年前に初出演作で同映画祭を訪れたという小川紗良は「観客に若者が多いことや、上映後のQ&Aの盛り上がりにも刺激を受け、映画という芸術文化が愛され、守られ、生き生きと育まれていく様子を肌で感じました」と振り返り、「再び平穏が訪れた日には、またみんなで海外映画祭へ行きたいです」と願いを込めた。

「海辺の金魚」は6月25日より東京・新宿シネマカリテほかで公開。第22回全州国際映画祭は4月29日に開幕する。

小川紗良 コメント

全州国際映画祭は、4年前に私の初出演作で訪れた海外映画祭です。会場だけでなく街中が映画祭に染まり、映画を中心に時が流れていく感覚がとても心地良かったのを覚えています。また観客に若者が多いことや、上映後のQ&Aの盛り上がりにも刺激を受け、映画という芸術文化が愛され、守られ、生き生きと育まれていく様子を肌で感じました。そのような映画祭に、今度は初長編監督作で参加できることを心から嬉しく思います。外へ出て挑んでみたいという野望が、縁のある場所で叶いました。コロナ禍で現地へ行けないことが本当に悔やまれますが、映画に想いを託します。最後に、ここまで共に作品を作り上げてくださったスタッフ・キャストの皆様、本当にありがとうございました。再び平穏が訪れた日には、またみんなで海外映画祭へ行きたいです。

この記事の画像(全8件)

関連記事

小川紗良のほかの記事

リンク

(c)2021東映ビデオ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 小川紗良 / 小川未祐 / 芹澤興人 / 福崎那由他 / 山田キヌヲ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。