「さんかく窓」岡田将生、志尊淳にハッシュタグを優しく教わる「井みたいなやつ」

2036

さんかく窓の外側は夜」大ヒット御礼舞台挨拶が本日2月10日に東京・丸の内ピカデリーで開催され、キャストの岡田将生志尊淳、監督の森ガキ侑大が登壇した。

志尊淳(右)にハッシュタグについてのレクチャーを受ける岡田将生(左)。

志尊淳(右)にハッシュタグについてのレクチャーを受ける岡田将生(左)。

大きなサイズで見る(全16件)

本作は霊を祓える男・冷川理人と、霊が視える力を持つ男・三角康介がバディを組み、連続殺人事件の解決に挑む除霊ミステリーエンタテインメント。岡田が冷川、志尊が三角、平手友梨奈が物語の鍵を握る女子高生のヒウラエリカを演じた。

登壇するやいなやハイテンションの岡田将生。

登壇するやいなやハイテンションの岡田将生。[拡大]

岡田将生に期待する志尊淳

岡田将生に期待する志尊淳[拡大]

最初にマイクを握った岡田は「今日はちょっとテンションが高いんですよ」と告白して、挨拶を終わらせる気がないと宣言。その後、彼からすぐに「じゃあ志尊くん。ちょっと挨拶を」とバトンを渡された志尊は「(岡田が)今、小声で『落ち着いてきた』と言ってました」と笑い、「僕の知っている岡田将生はここで落ち着く男じゃないですから」と活躍に期待を寄せる。

「さんかく窓の外側は夜」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。

「さんかく窓の外側は夜」大ヒット御礼舞台挨拶の様子。[拡大]

「2人のバディを壊そうかな」と語ったのは森ガキ。彼は「僕と2人きりで国内旅行に行くなら?」と2人に尋ね、岡田から「北海道を2人で回って、動画を撮って編集したい」と、志尊から「監督をウェイウェイ系にしたいので宮古島。僕は何度か行っているので、楽しませる自信はバリバリあるでございます」と提案を受ける。そして北海道案が選ばれると岡田は力強くガッツポーズをして「どうだ、ほら! やったぞ!」と勝利をアピール。一方の志尊は「負けた……」「2人でバディを組んだらいいじゃないですか」といじけモードになり、岡田から「すねているのもかわいい」と声をかけられていた。

「#さんかく窓しか勝たん」と書かれたフリップを見せる岡田将生。ハッシュタグ末尾のイラストは、間違えて書いた「。」をごまかすためのもの。

「#さんかく窓しか勝たん」と書かれたフリップを見せる岡田将生。ハッシュタグ末尾のイラストは、間違えて書いた「。」をごまかすためのもの。[拡大]

イベントでは、その場で決めた公式ハッシュタグ「#さんかく窓しか勝たん」をフリップに書いて発表する際に、“ハッシュタグ”の存在自体を覚えたての岡田が、志尊に細かくレクチャーを受ける場面も。志尊は「ハッシュタグ(の表記)わかる? 漢字の井みたいなやつだよ」「反映されなくなるから“。”を付けちゃダメ」と優しくアシストした。

志尊淳

志尊淳[拡大]

「バディ映画といえば?」の回答が一致した岡田将生(左)と志尊淳(右)。

「バディ映画といえば?」の回答が一致した岡田将生(左)と志尊淳(右)。[拡大]

続いて、共通の質問に岡田と志尊がそれぞれ答えて一致度を調べる“バディ度診断テスト”が。「肉料理で思い浮かべるもの」との問題に「焼肉」と答えた志尊は、岡田の回答「カルビ」を見て「なぜ部位……!」と悲鳴を上げる。「バディ映画といえば?」には「朝9時に映画館で観た」「11時には目が腫れるくらい泣いた」といった岡田の個人的なエピソードに挟まれたわずかなヒント「年齢差あり」から志尊が見事「最強のふたり」を導き出し、バレンタインデーが近いことにちなんだ問い「チョコをもらう憧れのシチュエーションは?」には2人がそれぞれ夢を膨らませた。「もう一度森ガキ組で映画を撮るなら?」には志尊が「ヒューマン」、岡田が「コメディ」と異なる答えを選んだが、彼らは「ヒューマンコメディじゃん!」「わちゃわちゃありのね」と強引に回答を合体させる。なお全問題を終えて、2人のバディ度は70%。岡田と志尊は「悪くないね」とほほえみ合った。

「さんかく窓の外側は夜」は全国の劇場で上映中。

この記事の画像・動画(全16件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

岡田将生のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (c)Tomoko Yamashita/libre

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 さんかく窓の外側は夜 / 岡田将生 / 志尊淳 / 森ガキ侑大 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。