クリストファー・プラマーが91歳で死去

165

クリストファー・プラマーが2月5日にアメリカ・コネチカット州の自宅で死去。91歳だった。IndieWireなどが報じている。

クリストファー・プラマー(写真提供:Abaca Press / Hahn Lionel / Abaca / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

クリストファー・プラマー(写真提供:Abaca Press / Hahn Lionel / Abaca / Sipa USA / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

1929年12月13日生まれ、カナダ・トロント出身のプラマー。ブロードウェイで俳優としてのキャリアを始め、1958年にシドニー・ルメットの「女優志願」で映画初出演を果たす。1965年、世界的な大ヒットを記録したミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐役で一躍その名を高めた。

ローマ帝国の滅亡」のコモドウス皇帝、「ワーテルロー」のアーサー・ウェルズリー、「王になろうとした男」のラドヤード・キプリング、「インサイダー」のマイク・ウォレスなど実在の人物を多数演じる。ロシアの文豪トルストイを演じた「終着駅-トルストイ最後の旅-」では、アカデミー賞の助演男優賞に初ノミネート。ほか「空軍大戦略」のコリン少佐、「スター・トレック VI 未知の世界」のチャン将軍といったキャラクターでも知られる。

2012年にはマイク・ミルズ監督作「人生はビギナーズ」にて、主人公の父親で、晩年にゲイをカミングアウトする役柄を演じアカデミー賞の助演男優賞を獲得。2017年製作の「ゲティ家の身代金」では映画の完成後、ケヴィン・スペイシーのセクハラ騒動による降板によって再撮影に急遽参加する。大富豪ゲティの代役を務め、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞映画部門の助演男優賞にノミネートされた。

そのほか主な出演作に「サイレント・パートナー」「マルコムX」「ビューティフル・マインド」「ナショナル・トレジャー」「ニュー・ワールド」「カールじいさんの空飛ぶ家」「Dr.パルナサスの鏡」「ドラゴン・タトゥーの女」「手紙は憶えている」「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」など。日本では3月5日に出演作「ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実」が公開を控えている。

(情報提供:IndieWire / VM / ゼータ イメージ)

全文を表示

関連記事

クリストファー・プラマーのほかの記事

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 女優志願 / サウンド・オブ・ミュージック / サウンド・オブ・ミュージック(HDニューマスター版) / サウンド・オブ・ミュージック(製作40周年記念/ニュー・プリント・デジタルリマスターバージョン) / ローマ帝国の滅亡 / ワーテルロー / 王になろうとした男 / インサイダー / 終着駅-トルストイ最後の旅- / 空軍大戦略 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。