松山ケンイチや東出昌大演じるボクサーの青春群像劇「BLUE/ブルー」予告編

258

松山ケンイチが主演を務める「BLUE/ブルー」のポスタービジュアルが到着。あわせて予告編がYouTubeで公開された。

「BLUE/ブルー」ポスタービジュアル

「BLUE/ブルー」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全7件)

「BLUE/ブルー」

「BLUE/ブルー」[拡大]

本作は、成功が約束されていなくとも努力を尽くす挑戦者たちの姿を描いた青春映画。情熱はあっても才能がなく、ボクシングの試合に勝てない主人公・瓜田を松山が演じ、抜群のセンスを持つジムの後輩・小川に東出昌大が扮した。またモテようと始めたボクシングにのめり込んでいく新人・楢崎を柄本時生、瓜田の初恋の人で小川の婚約者である千佳を木村文乃が演じた。監督は「ヒメアノ~ル」「犬猿」の吉田恵輔。30年以上ボクシングを続けてきた吉田は自ら脚本も書き上げ、「流した涙や汗、すべての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」と本作について語っている。

予告編の前半には「ボクシングを始めたこと後悔してる?」と千佳に聞かれ、試合にも恋にも勝てない瓜田が「後悔してないよ……でも」と言葉を濁す切ない姿が。一方でタイトルに王手を掛ける小川は、脳の病に襲われ引退を迫られる。映像の後半では、望み通りに行かずとも前に進んでいく彼らの姿に重なり、竹原ピストルによる書き下ろし主題歌「きーぷ、うぉーきんぐ!!」が応援歌のように流れ出す。

「BLUE/ブルー」は、4月9日より東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

※吉田恵輔の「吉」は「つちよし」が正式表記

この記事の画像・動画(全7件)

関連記事

吉田恵輔のほかの記事

リンク

(c)2021「BLUE/ブルー」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 BLUE/ブルー / 吉田恵輔 / 松山ケンイチ / 木村文乃 / 柄本時生 / 東出昌大 / 竹原ピストル の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。