「VIDEOPHOBIA」は代表作になった、監督の宮崎大祐がWeb番組で語る

70

VIDEOPHOBIA」の監督を務めた宮崎大祐がWeb番組「活弁シネマ倶楽部」に出演。現在、同番組がYouTubeで公開されている。

左から宮崎大祐、MCを務めたライターの折田侑駿。

左から宮崎大祐、MCを務めたライターの折田侑駿。

大きなサイズで見る(全3件)

「VIDEOPHOBIA」ポスタービジュアル

「VIDEOPHOBIA」ポスタービジュアル[拡大]

「VIDEOPHOBIA」は大阪・鶴橋を舞台にモノクロで撮り上げた“サイバースリラー”。自身の情事と思われる映像がネット上で拡散していくことで、徐々に精神を失調する29歳の女性・愛の姿を描く。番組で宮崎は、大きな反響を呼んでいる本作について「現時点での自分の代表作になったかなと。これからの作品でもっと広がりを生み出すことができる、その礎が築けたように思います」とコメント。そして「わりと今、『アングスト/不安』だとか、得も言われぬ“不安を煽る系の映画”が世の中的には受け入れられている感じがあって。そういった文脈で本作も受け入れられたのかなと」と分析した。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

宮崎大祐のほかの記事

リンク

(c)「VIDEOPHOBIA」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 VIDEOPHOBIA / 宮崎大祐 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。