大地真央と松本まりか共演、林真理子の「最高のオバハン 中島ハルコ」がドラマ化

293

大地真央主演で林真理子の小説「最高のオバハン 中島ハルコの恋愛相談室」「最高のオバハン 中島ハルコはまだ懲りてない!」がドラマ化されることが明らかに。4月10日より東海テレビ・フジテレビ系で放送される。

左から大地真央演じる中島ハルコ、松本まりか演じる菊池いづみ。

左から大地真央演じる中島ハルコ、松本まりか演じる菊池いづみ。

大きなサイズで見る(全8件)

「最高のオバハン 中島ハルコ」

「最高のオバハン 中島ハルコ」[拡大]

「最高のオバハン 中島ハルコ」

「最高のオバハン 中島ハルコ」[拡大]

東村アキコによってマンガ化もされている「最高のオバハン」シリーズ。主人公は忖度無用の毒舌で人の心をグサグサ刺す中島ハルコだ。還暦を迎える彼女は東京・恵比寿で超人気美容クリニックを経営しており、自らを美のスーパードクターと名乗っている。そんなハルコにひょんなことから出会ったのは、不倫に悩む弱小出版社の編集者で38歳の菊池いづみ。ハルコの舎弟のようになってしまったことをきっかけに、いづみの嵐のような日々が始まることに。劇中では跡継ぎ問題を抱える老舗ういろう屋、高学歴ゆえに結婚できない東大女子、夫源病を抱えるセレブ主婦など、悩みを抱えた人間たちをハルコがバッサバッサと斬っていく姿が描かれる。

「最高のオバハン 中島ハルコ」

「最高のオバハン 中島ハルコ」[拡大]

「最高のオバハン 中島ハルコ」

「最高のオバハン 中島ハルコ」[拡大]

ハルコ役の大地は「とにかくよく喋り、パワフルでまるで七変化なハルコさんを演じるのは大変ですが、きっと面白いドラマになると思います!」とコメント。いづみ役の松本まりかは「年を重ねたハルコさんの言葉は、すごくハッとさせられて『あ、こうやって生きていいんだ!』と生きる勇気をもらえますし、見終わった後に『ちょっと生きるのに自信が持てる』ようなドラマになるような気がしています」と述べている。

また脚本を担当する西荻弓絵は「ハルコ先生のお力をお借りして、思う存分暴れることができ、本当に楽しいお仕事でした。世の中が思わぬ危機に見舞われている今だからこそ、少しでも愉快痛快なひと時をお届けできますよう…」と願いを込め、林は「『大地真央さんがお引受けくださいました』というニュースが入った時、私も編集者も大層驚いた。あんな大スター、エレガントな美女が、ハルコさんを演じてくださるとは想像もしていなかったのである。いづみさんは今、ブレイク中の松本まりかさんと聞いてまたびっくり。なんと豪華な配役だろう。幸福なハルコさんである」とつづった。

大谷健太郎、金子与志一、渋谷未来が監督を務めるオトナの土ドラ「最高のオバハン 中島ハルコ」は毎週土曜の23時40分からオンエア。

オトナの土ドラ「最高のオバハン 中島ハルコ」

東海テレビ・フジテレビ系 2021年4月10日(土)~5月29日(土)毎週土曜 23:40~24:35(予定)
※全8回(予定)

大地真央 コメント

大地真央演じる中島ハルコ。

大地真央演じる中島ハルコ。[拡大]

お話をいただく前に、どなたかが「これは大地真央がやればいいのに」と仰っているのを聞いたことがありまして、漫画を先に読ませていただき、それからすぐに、林真理子さんの原作を拝読致しました。凄く面白い!!と思いました。私が演じる中島ハルコは、今回は原作とは違う美容外科医の敏腕経営者で、ズバズバ切って切っていく人ですが、何故かみんなに好かれていてなんとも憎めない、スパッ!としているキャラクターだと印象を受けました。
メッセージ性が強いドラマでありながら、漫画チックな部分が入ってくるので、監督と相談しながら「ここはもう漫画チックに徹しよう」としたり、シリアスなシーンがあったりと、盛りだくさんなのが贅沢なドラマだと思いますね。とにかくよく喋り、パワフルでまるで七変化なハルコさんを演じるのは大変ですが、きっと面白いドラマになると思います!
ハルコさんのように、ここまで言うというか、言ってくれるというか、言ってしまうというというか(笑)今の時代、こんな人はなかなかいないと思いますが、悩んでいたり迷っていたり、ちょっと沈んでいたりする人には特に見ていただいて、ハルコさんにバサッと切ってもらって「よしっ!」と笑顔になっていただけたらなと思います。

松本まりか コメント

松本まりか演じる菊池いづみ。

松本まりか演じる菊池いづみ。[拡大]

「私のいままでの役柄からは全くイメージのない役をオファーしていただいたな」とすごくびっくりしたのと同時にありがたいと思いました。今回私が演じる菊池いづみのような、平凡で地味なキャラクターは初めてですし、実年齢より年上の役をやるのも初めて。コメディーもなかなかなかったので、チャレンジングだなと思います。これまでとは真逆に徹するというか、日陰に徹するというか。やってみて思ったんですけど、気持ち的にはとても楽ですね(笑)。この役は自分の性に合っているのかもしれないです。脚本も面白くて、一気に読んでしまいました。
私ぐらいの年齢の人たちは、この先自分はどうしていくのかと悩んでいる方もいらっしゃると思いますが、年を重ねたハルコさんの言葉は、すごくハッとさせられて「あ、こうやって生きていいんだ!」と生きる勇気をもらえますし、見終わった後に「ちょっと生きるのに自信が持てる」ようなドラマになるような気がしています。私はこのドラマを通して自分がいづみでハルコさんから何を受け取るかを体感できることがすごく楽しみですし、皆さんもいづみと同じ目線になって、勇気づけてもらえたらいいなっていうふうに思います。

林真理子 コメント

「最高のオバハン」は、最近の私の小説の中でとても好評を博したものだ。
「ハルコさんに元気づけられた」
「とにかくおかしくて、おかしくて」
という声が多く、東村アキコさんによるコミック化も始まった。と同時に、
「ぜひドラマ化してほしい」
という要望もたくさん寄せられ、読者の方からヒロインはこの人、と考えたお手紙やメールも受け取った。
そこで名があがった女優さんは、元気がよくコミカルな演技がお上手な、なるほど、という方ばかりであった。
しかし今回東海テレビさんから、
「大地真央さんがお引受けくださいました」
というニュースが入った時、私も編集者も大層驚いた。
あんな大スター、エレガントな美女が、ハルコさんを演じてくださるとは想像もしていなかったのである。
いづみさんは今、ブレイク中の松本まりかさんと聞いてまたびっくり。なんと豪華な配役だろう。幸福なハルコさんである。

西荻弓絵 コメント

原作を頂いて、主人公の毒舌、嫌われる勇気、お説教の痛快さにすっかり魅了されてしまいました!

まさにおばはん世代の私はといえば、若い人に思い切ってお説教すれば唇寒しの後悔ばかり。
嫌われる勇気もなくただシュンとしている小心者です。

そんな日頃の鬱憤をハルコ先生のお力をお借りして、思う存分暴れることができ、本当に楽しいお仕事でした。
世の中が思わぬ危機に見舞われている今だからこそ、少しでも愉快痛快なひと時をお届けできますよう…。

松本圭右(東海テレビプロデューサー)コメント

林真理子先生の最強名古屋マダムの物語を、東海テレビが映像化せずにどこがやる! そんな思いで突き進んできたこの企画。原作を読んでいた時から頭の中ではハルコは大地さんでした! その大地さんにハルコを演じて頂けることがすでに幸せだったのですが、現場で大地さんのハルコを拝見し、めっちゃ面白いものが出来上がる予感に鳥肌さえ立っております! もうハルコにしか見えません! ハルコと違い大地さんは気遣いの人ですが(笑)。
さらに助演であり、ある意味視聴者の方と同じ目線に立っていただくいづみ役に、今最も注目されている憑依型女優の松本さんが決まり、世界観がさらに濃厚になっております! これまでとは違う翻弄されまくる松本さん! 100万通りのリアクションを持っているのでは!?という受け身の芝居、そして顔芸に監督陣の演出にも熱が入っております!
脚本はずっとご一緒したかった西荻さん! 原作の世界観をさらに強烈に作り上げて頂き、本当に今までにはないドラマに仕上がってきております!
これだけパワフルな女性陣が集まり面白くならないわけがない! 自信をもって「面白いです!」と断言できるドラマです! 見ないときっと損します! 土曜の夜、何も考えずただただ笑えて痛快な時間をお届けできればと思いますので、ぜひ、楽しみにして頂ければと思います!

この記事の画像(全8件)

関連記事

大地真央のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 大地真央 / 松本まりか / 林真理子 / 大谷健太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。