映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

高台家の人々

高台家の人々

コウダイケノヒトビト

解説

『ごくせん』などの映像化作品で知られる森本梢子の人気コミックを映像化したユーモラスなラブコメディ。妄想癖のあるOLと、テレパシー能力を持つエリート社員のロマンスをコミカルに描く。綾瀬はるかと斎藤工がアンバランスな男女の心の通い合いを体現。『映画 謎解きはディナーのあとで』の土方政人監督によるテンポのよい語りにも注目だ。

ストーリー

妄想好きの地味なOL、木絵の勤務先に、ある日エリート社員、光正が転勤してくる。接点などあるはずはないと思っていたが、彼に食事に誘われ、動揺する木絵。実は光正はテレパシー能力の持ち主で、彼女の心を読み、その妄想に心安らぐものを感じており……

2016年6月4日(土)公開 / 上映時間:116分 / 製作:2016年(日本) / 配給:東宝

(C)2016 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)森本梢子/集英社

(C) PIA

高台家の人々のニュース

映画ナタリーをフォロー