チャドウィック・ボーズマンが凶悪事件追う、最後の主演作「21ブリッジ」場面写真

165

チャドウィック・ボーズマン主演作「21ブリッジ」の場面写真が到着した。

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」

大きなサイズで見る(全7件)

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

本作は8月28日に43歳でこの世を去ったボーズマンの最後の劇場公開作品。ボーズマンは「アベンジャーズ/エンドゲーム」のアンソニー・ルッソジョー・ルッソとともにプロデュースも担当した。

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

劇中ではボーズマン演じるニューヨーク市警の刑事アンドレ・デイビスが、警察官8人を殺した2人組を追うさまが描かれる。場面写真には緊迫したアンドレの姿が。橋、地下鉄、トンネルを完全封鎖したマンハッタンで、アンドレは犯人たちを徐々に追い詰めていく。J・K・シモンズ演じる署長マッケナと対峙する姿、シエナ・ミラー演じる刑事フランキーと組み捜査に奔走する姿も収められた。

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

「21ブリッジ」

「21ブリッジ」[拡大]

監督のブライアン・カークは「マンハッタン島を封鎖するという、素晴らしいコンセプト、理屈抜きに面白いリアリズム、スケールの大きさとド迫力のスペクタクル。まるで軍事侵略のようだ。古典的な神話や、ニューヨークの犯罪映画の伝統に見られる明快さがある。この作品は、そういった伝統の中に存在する現代的な物語を描いているんだ」とコメントしている。

「21ブリッジ」は4月より全国で公開。

この記事の画像(全7件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

チャドウィック・ボーズマンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 21ブリッジ / チャドウィック・ボーズマン / アンソニー・ルッソ / ジョー・ルッソ / ブライアン・カーク / シエナ・ミラー / テイラー・キッチュ / J・K・シモンズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。