ドラマ「FAKE MOTION」新作に荒牧慶彦、染谷俊之、玉城裕規ら出演

2015

「FAKE MOTION」プロジェクトの新作「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」のメインビジュアルが到着。放送開始日が2021年1月20日であることも明らかになった。

「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」メインビジュアル

「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全25件)

プロジェクトのシーズン1にあたる「FAKE MOTION -卓球の王将-」では、“卓球戦国時代”に激しいピンポンバトルを繰り広げる高校生たちの戦いや友情が描かれた。「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」では、大阪の頂点に君臨する天下布武学園が東京に乗り込んできたことから物語が展開。都立八王子南工業高校の土方歳鬼が、仲間や東京を守るため奮闘する。

上段左から草川直弥、森崎ウィン、板垣瑞生、佐野勇斗、古川毅。下段左から池田彪馬、吉澤要人、田中洸希、ジャン海渡。

上段左から草川直弥、森崎ウィン、板垣瑞生、佐野勇斗、古川毅。下段左から池田彪馬、吉澤要人、田中洸希、ジャン海渡。[拡大]

上段左から宮世琉弥、荒牧慶彦、廣瀬智紀。下段左から森田桐矢、定本楓馬、大倉空人、山縣悠己。

上段左から宮世琉弥、荒牧慶彦、廣瀬智紀。下段左から森田桐矢、定本楓馬、大倉空人、山縣悠己。[拡大]

このたび荒牧慶彦廣瀬智紀定本楓馬が天下布武学園、染谷俊之田村升吾が謙信ソルト電子工学院、玉城裕規が信玄明王高校の生徒を演じることも明らかに。なお彼ら6人が出演する舞台版「FAKE MOTION -卓球の王将-」の上演が発表されていたが、新型コロナウイルスの影響で延期となっている。歳鬼役の板垣瑞生は「今回のキャストの皆さんは全員『挑戦しよう』という気持ちが強く、現場ではアイデアや意見もたくさん出てきてとても熱かったです」と述べ「荒牧さんをはじめ舞台経験がある方も多く、映像の世界で生きている僕にとって新しいお芝居の引き出しを見つけられたりと、この作品を通してみんなで一つになっていく過程がとても面白かったです」とコメント。荒牧は「和気藹々と撮影が進んでいった記憶があります。少しの空き時間に役者同士で卓球をしたり、セリフを合わせたり。監督とも冗談を交えたり、とても楽しい撮影でした!」と語っている。

上段左から小笠原海、草川拓弥。下段左から村田祐基、船津稜雅、松尾太陽。

上段左から小笠原海、草川拓弥。下段左から村田祐基、船津稜雅、松尾太陽。[拡大]

上段左から田村升吾、染谷俊之。下段左から関哲汰、山下永玖、上村謙信、高尾颯斗、沢村玲。

上段左から田村升吾、染谷俊之。下段左から関哲汰、山下永玖、上村謙信、高尾颯斗、沢村玲。[拡大]

なお本作には前作にも登場した恵比寿長門学園(エビ高)、薩川大学付属渋谷高校、浅草雷門高校の面々が登場。板垣のほか、森崎ウィン、ジャン海渡(SUPER★DRAGON)、佐野勇斗M!LK)、SUPER★DRAGONの古川毅と田中洸希、吉澤要人(原因は自分にある。)、超特急草川拓弥小笠原海村田祐基船津稜雅松尾太陽、そして池田彪馬(SUPER★DRAGON)がキャストに名を連ねた。さらに草川直弥ONE N' ONLY)、宮世琉弥、大倉空人(原因は自分にある。)、森田桐矢、山縣悠己が天下布武学園、ONE N' ONLYの関哲汰、山下永玖、上村謙信、高尾颯斗、沢村玲が謙信ソルト電子工学院、志村玲於(SUPER★DRAGON)、杢代和人(原因は自分にある。)が信玄明王高校の生徒を演じる。

滝本憲吾が監督、小山正太、杉原憲明、山下すばるが脚本を担当した「FAKE MOTION -たったひとつの願い-」は、日本テレビで毎週水曜24時59分よりオンエア。

FAKE MOTION -たったひとつの願い-

日本テレビ 2021年1月20日(水)スタート 毎週水曜 24:59~25:29

板垣瑞生 コメント

主演を務めることについて

シーズン1から引き続き出演させて頂きますが、自分が主演という立場で、
さらに新しいキャストの方々が参加してくださるからには、シーズン1とは良い意味で
全く違う作品にしたいと思いました。

現場の雰囲気について

自分がそうしたかったのもありますが、今回のキャストの皆さんは全員「挑戦しよう」という気持ちが強く、現場ではアイデアや意見もたくさん出てきてとても熱かったです。
荒牧さんをはじめ舞台経験がある方も多く、映像の世界で生きている僕にとって新しいお芝居の引き出しを見つけられたりと、この作品を通してみんなで一つになっていく過程が
とても面白かったです。

作品の見どころについて

今回シーズン2ではありますが、キャスト全員で「もう一度作品を一から作り上げよう」という雰囲気が映像にも出ていると思います。
今、誰かと一緒に頑張ったり、喜んだり、そういうことがやりづらい世の中だと思うのですが、この作品をみて、「誰かと一緒に頑張ることってこんなに素敵なんだ」というのを改めて感じてもらえたら嬉しいです。

荒牧慶彦 コメント

ドラマの内容について

とてもぶっ飛んでいるな、と思いました(笑)
でもそれと同時にとても面白そうだとも思いました!

現場の雰囲気について

和気藹々と撮影が進んでいった記憶があります。
少しの空き時間に役者同士で卓球をしたり、セリフを合わせたり。
監督とも冗談を交えたり、とても楽しい撮影でした!

作品の見どころについて

もちろん卓球をしているシーンも見せ場ですが、魅力的な登場人物達、そして
卓球を通して見えてくるテーマに注目して頂けたらと思います。

この記事の画像(全25件)

関連記事

板垣瑞生のほかの記事

リンク

関連商品

(c)汐留ヱビス商店街 (c)FAKE MOTION 製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 板垣瑞生 / 荒牧慶彦 / 染谷俊之 / 廣瀬智紀 / 定本楓馬 / 田村升吾 / 玉城裕規 / 森崎ウィン / SUPER★DRAGON / 佐野勇斗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。