平凡な主婦がゲイバーを再建?ジャッキー・ウィーバー主演作2021年2月に公開

48

ジャッキー・ウィーバーの主演作「ステージ・マザー」が、2021年2月に公開される。

「ステージ・マザー」

「ステージ・マザー」

大きなサイズで見る

本作の主人公は、アメリカ・テキサスの田舎町に住むごく普通の主婦メイベリン。長らく疎遠だった息子リッキーの訃報を受けたメイベリンは、夫の反対を押し切ってサンフランシスコへ向かい、息子のパートナーであるネイサンから、彼がドラァグクイーンでゲイバーを経営していたことを知らされる。さらにリッキーは遺言を遺さずに他界したため、破綻寸前となっているバーの経営権が母親のメイベリンにあることも発覚。困惑するメイベリンだが、愛する息子の遺したゲイバーを再建するために立ち上がる。

ウィーバーがメイベリンを演じ、ルーシー・リュー、「プラダを着た悪魔」のエイドリアン・グレニアー、「タンジェリン」のマイヤ・テイラーも参加。トム・フィッツジェラルドが監督を務めた。

「ステージ・マザー」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

関連記事

ジャッキー・ウィーバーのほかの記事

リンク

(c)2019 Stage Mother, LLC All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ステージ・マザー / ジャッキー・ウィーバー / ルーシー・リュー / エイドリアン・グレニアー / マイヤ・テイラー / トム・フィッツジェラルド の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。