心臓発作で人が死ぬホラー映画とは…ソ・イェジ主演のオカルトミステリー予告編

64

「夏のホラー秘宝まつり 2020」でプレミア上映される「ワーニング その映画を観るな」「メビウスの悪女 赤い部屋」の予告編がYouTubeで解禁された。

「ワーニング その映画を観るな」 (c)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

「ワーニング その映画を観るな」 (c)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

大きなサイズで見る(全11件)

「ワーニング その映画を観るな」 (c)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.

「ワーニング その映画を観るな」 (c)2019 THE CONTENTS ON All Rights Reserved.[拡大]

韓国映画「ワーニング その映画を観るな」は、“史上最恐のホラー映画”にまつわるオカルトミステリー。主人公は2週間でホラー映画の脚本を仕上げるようプロデューサーに厳命された映画監督の卵ミジョンだ。予告では彼女が、とある大学の卒業制作で作られ、心臓発作で死人まで出したという呪われたホラー映画の真相を探っていく様子が確認できる。監督は拷問ホラー「The Butcher(英題)」のキム・ジンウォン。「サイコだけど大丈夫」のソ・イェジが主演を務めた。

「メビウスの悪女 赤い部屋」 (c)2020「メビウスの悪女 赤い部屋」製作委員会

「メビウスの悪女 赤い部屋」 (c)2020「メビウスの悪女 赤い部屋」製作委員会[拡大]

「メビウスの悪女 赤い部屋」は江戸川乱歩の短編小説「双生児」を現代風にアレンジしたエロティックホラー。主演の清水楓は、明るく気立てのいい姉・彩とコンプレックスを抱えた妹・楓という対照的な双子の姉妹を演じ分けた。予告には姉を殺し入れ替わりを図ろうとする楓の姿が。清水が初挑戦したというヌードや濡れ場のシーンも収録された。「D坂の殺人事件」「屋根裏の散歩者」の窪田将治が監督を務めている。

7回目の開催となる「夏のホラー秘宝まつり 2020」は8月21日より東京・キネカ大森、8月22日より大阪・シアターセブン、今夏に愛知・シネマスコーレで開催される。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

リンク