ケリー・プレストンが乳がん闘病の末に死去、夫ジョン・トラボルタが「勇敢に闘った」

191

俳優のケリー・プレストンが57歳で死去したことを、夫のジョン・トラボルタがInstagramで発表した。

2018年5月、第71回カンヌ国際映画祭にそろって出席したケリー・プレストン(右)とジョン・トラボルタ(左)。(写真提供:Abaca Press / Boyer-Hahn-Marechal / Abaca / Sipa U / Newscom / ゼータ イメージ)

2018年5月、第71回カンヌ国際映画祭にそろって出席したケリー・プレストン(右)とジョン・トラボルタ(左)。(写真提供:Abaca Press / Boyer-Hahn-Marechal / Abaca / Sipa U / Newscom / ゼータ イメージ)

大きなサイズで見る

1983年に「メタルストーム」で映画デビューし、1988年に「ツインズ」でアーノルド・シュワルツェネッガーと、1996年には「ザ・エージェント」でトム・クルーズと共演したプレストン。ケヴィン・ゲイジとの結婚と離婚を経て、1991年にトラボルタと再婚した。3人の子供を授かるも、2009年には当時16歳の息子を失うという不幸に見舞われている。

トラボルタの投稿によると、プレストンは2年間乳がんの闘病生活を送っていた。彼は「たくさんの愛とサポートを受け、彼女は勇敢に闘った」「ケリーの愛と人生を忘れない」とつづっている。

ケリー・プレストンのほかの記事

リンク