ジョン・トラボルタ

ジョントラボルタ

12歳で初舞台を踏み、以後、舞台俳優として活動を続け、1973年「グリース」でブロードウェイの舞台に立つ。1977年に出演した「サタデー・ナイト・フィーバー」が大ヒットしてスター俳優となる。その後、低迷が続いたが、1994年クエンティン・タランティーノ監督に起用された「パルプ・フィクション」の演技が高く評価され、再びスターダムに上ることになる。