妄想、それとも現実?「子供はわかってあげない」沖田修一のプロダクションノート公開

471

上白石萌歌の主演作「子供はわかってあげない」でメガホンを取った沖田修一の“妄想!?プロダクション・ノート”が、7月4日正午頃より映画公式Twitterで不定期連載される。

「子供はわかってあげない」ビジュアル

「子供はわかってあげない」ビジュアル

大きなサイズで見る(全12件)

本作は、水泳部所属の高校生・朔田美波と書道部員の“もじくん”こと門司昭平のひと夏の冒険を描く青春ドラマ。美波を上白石、もじくんを細田佳央太が演じた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で公開延期がアナウンスされた本作。このたび公開されるプロダクションノートは沖田が自ら執筆したもので、彼が見た撮影現場の様子が記された。しかし冒頭から猿や鳥が登場し、沖田が叫び、窓ガラスに体当たりするなど真実か否かはわからない内容になっている。

古谷充子が描き下ろしたイラスト。

古谷充子が描き下ろしたイラスト。[拡大]

沖田監督は「本来ならば、先日にも、映画『子供はわかってあげない』は、めでたく公開を迎えるはずであったのだが、やむなく延期となったので、それまでに、なんとなく、忘れられないためにも、監督である沖田が、ここに制作日記を書こうと思う。定期的に連載していこうかと思う。できるだけ、間違いがないように書こうと思う」とコメント。なお連載を記念して、沖田の監督作「滝を見にいく」のポスタービジュアルを手がけた古谷充子による描き下ろしイラストも到着した。

田島列島のマンガを実写映画化した「子供はわかってあげない」は、近日公開。

この記事の画像・動画(全12件)

関連記事

沖田修一のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「子供はわかってあげない」製作委員会 (c)田島列島/講談社