ティモシー・シャラメがキスのダメ出し受ける、ウディ・アレン新作の本編映像

166

ウディ・アレンの監督作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」より、本編の一部映像がYouTubeで公開された。

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」新場面写真

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」新場面写真

大きなサイズで見る(全60件)

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」ビジュアル

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」ビジュアル[拡大]

米マンハッタンを舞台にした本作は、運命のいたずらに翻弄される大学生カップルの恋路を描いたロマンティックコメディ。ティモシー・シャラメとエル・ファニングが恋人同士のギャツビーとアシュレーを演じ、ギャツビーの元恋人の妹チャンにセレーナ・ゴメスが扮した。

このたび公開されたのは、アシュレーに約束をキャンセルされてしまったギャツビーが、旧友の映画撮影に参加し、チャンと再会したシーン。急遽エキストラとしてチャンとのキスシーンを演じるよう頼まれたギャツビーだったが、アシュレーのことが気にかかりまったく集中できず、ダメ出しを食らってしまう。雨が降り出す中、3テイク目で成功すると、チャンは「できるじゃないの。恋人には秘密ね」と声をかける。しかしアシュレーがアリゾナ出身であることから、チャンに「アリゾナを楽しんで。砂漠で迷子にならないでね」と皮肉な言葉をかけられ、ドギマギしながらも「水筒を忘れないよ」と返すギャツビーの姿が収められた。

「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」は7月3日より東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全60件)

関連記事

ティモシー・シャラメのほかの記事

リンク

関連商品

Photography by Jessica Miglio (c)2019 Gravier Productions, Inc.