佐久間由衣×奈緒「君は永遠にそいつらより若い」に笠松将、小日向星一、葵揚、森田想

594

佐久間由衣奈緒の共演作「君は永遠にそいつらより若い」のティザービジュアルが到着。追加キャストも発表された。

「君は永遠にそいつらより若い」ティザービジュアル

「君は永遠にそいつらより若い」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

津村記久子のデビュー作であり、第21回太宰治賞を受賞した小説をもとにした本作。児童福祉職に就くことが決まっている卒業間近の大学生・堀貝佐世が、暴力や児童虐待といった社会の闇に直面するさまが描かれる。佐久間が堀貝、奈緒が堀貝と同じ大学に通う猪乃木楠子を演じた。

笠松将

笠松将[拡大]

このたび新たに4名の出演が明らかになった。笠松将が命を落とす大学生・穂峰直役、小日向星一が堀貝と穂峰がつながるきっかけとなる吉崎壮馬役で出演。また葵揚が堀貝のバイト先の後輩・安田貴一、森田想が堀貝の友人・岡野あかりに扮する。

監督と脚本を担当した吉野竜平は「内へ内へと向かって悩んでいた主人公が、様々な人との出会いや出来事を経て、最後は外へと向かって爆発する行動を起こします。欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか──。『ありのままでいいんだよ』みたいな無責任な言葉ではない、自分なりのメッセージを主人公の姿に託しました」とコメントしている。

「君は永遠にそいつらより若い」は2021年に公開予定。

吉野竜平 コメント

欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか──。
多種多様なテーマが織り込まれた、津村記久子先生の小説「君は永遠にそいつらより若い」を映画化するにあたり、そこへ重点的にスポットをあてて描きました。
長所の何倍もの短所を抱えているような主人公ホリガイが、就職を目の前にして「自分には何かとても大切なものが欠けている」という想いに駆られ、そんな自分が果たしてこれから社会の中でちゃんとやっていけるのだろうかと悩み、焦り、もがく姿。
しかしこの悩みは、多くの人が人生のある時期に経験する普遍的な通過儀礼ではないでしょうか。
内へ内へと向かって悩んでいた主人公が、様々な人との出会いや出来事を経て、最後は外へと向かって爆発する行動を起こします。
欠落感を抱えたまま、他者や社会とどう関わって生きていくのか──。
「ありのままでいいんだよ」みたいな無責任な言葉ではない、自分なりのメッセージを主人公の姿に託しました。

この記事の画像(全9件)

関連記事

佐久間由衣のほかの記事

リンク

関連商品

(c)『君は永遠にそいつらより若い』製作委員会