家庭を捨てた父と発達障害の息子が再び暮らす、イスラエル映画「靴ひも」公開

95

イスラエル映画「靴ひも」が、10月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

「靴ひも」ポスタービジュアル

「靴ひも」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

本作は、母の突然の死により、約30年ぶりに同じ屋根の下で暮らすことになった父と息子の物語。一度は家族を捨てた父と発達障害のある息子が、悪戦苦闘しながらも本当の親子関係を築いていくさまが描かれる。

「靴ひも」

「靴ひも」[拡大]

「ボーフォート レバノンからの撤退」のネボ・キムヒが息子を演じ、「嘘はフィクサーのはじまり」のドヴ・グリックマンが父親役を務めた。なお本作は2018年の第31回東京国際映画祭でも上映されている。

「靴ひも」

「靴ひも」[拡大]

監督は、イスラエルの映画やテレビドラマ界で長年活躍するヤコブ・ゴールドヴァッサー。彼自身も発達障害を持つ息子の父親であり「映画を通して人々の障害に対する意識を変えたい」という情熱が制作の原動力になったと語っている。

この記事の画像(全6件)

関連記事

リンク

(c)Transfax Film Productions