ドラマの結末巡りイスラエルとパレスチナが対立!?中東情勢を描くコメディ予告公開

147

イスラエル・パレスチナ問題の現実をユーモラスに描く「テルアビブ・オン・ファイア」の予告編と日本版ポスタービジュアルが公開された。

「テルアビブ・オン・ファイア」日本版ポスタービジュアル

「テルアビブ・オン・ファイア」日本版ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

第75回ヴェネツィア国際映画祭のInterFilm部門で作品賞、オリゾンティ部門で男優賞を獲得した本作。第31回東京国際映画祭のコンペティション部門にも出品された。サメフ・ゾアビが監督を務め、キャストにはカイス・ナシェフルブナ・アザバルらが名を連ねる。

主人公はドラマの制作現場で働くパレスチナ人のサラーム。ある日彼はイスラエルの軍司令官アッシに検問所で呼び止められ、人気メロドラマ「テルアビブ・オン・ファイア」の脚本家だと嘘をついてしまう。予告編の前半には、アッシからもらったアイデアのおかげでサラームが脚本家に出世していく様子を収録。後半ではドラマが終盤になるにつれて、リアリティを求める制作陣とパレスチナのスポンサー、イスラエルをよく見せたいアッシの思惑の間で板挟みになるサラームの苦悩が垣間見える。予告編はYouTubeで公開中だ。

「テルアビブ・オン・ファイア」は11月22日より東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

(c)Samsa Film - TS Productions - Lama Films - Films From There - Artemis Productions C623

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 テルアビブ・オン・ファイア / カイス・ナシェフ / ルブナ・アザバル / サメフ・ゾアビ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。